《リンク・デス・ターレット》

永続罠
(1):このカードの発動時の効果処理として、このカードにカウンターを4つ置く。
(2):自分が戦闘ダメージを受ける度にこのカードにカウンターを1つ置く。
(3):自分メインフェイズ2に、このカードのカウンターを1つ取り除き、
自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、フィールドから離れた場合に除外される。
この効果を発動するターン、自分は闇属性のリンクモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した永続罠
 自身にカウンターを置く2つの効果メインフェイズ2にカウンターを取り除いてヴァレット蘇生する効果を持つ。

 (1)(2)はカウンターを置く効果
 最初に4個とかなりの数が乗るため、(2)の効果カウンターを貯めることは特に考慮しなくとも問題ない。
 しかし、このカード自壊はしないため、意識せずとも戦闘ダメージを受けて回数を稼げることもあるだろう。

 (3)はヴァレット蘇生
 回数制限が一切なく、最低でも4回使えるので大量の特殊召喚が可能。
 しかし、発動タイミングがメインフェイズ2に限られているため、蘇生したモンスターを素材にリンクモンスターを展開し、相手ターンに備える使い方となる。
 また、蘇生したモンスター除外されるため、連発すると墓地アドバンテージの損失が激しいのが難点。
 制約があるため、エクシーズモンスターに繋いで除外を回避することもできない。
 《王宮の鉄壁》除外を避ければ気軽に使えるが、どちらもサーチ手段のない永続罠なので現実的ではない。

 ヴァレットの複数蘇生という点であれば《リボルブート・セクター》の(2)の効果も存在する。
 蘇生できる数や相手フィールドを参照しない点ではこちらが勝るものの、あちらはリンクモンスター以外も出せ、即効性で勝る。

  • アニメのテキストは以下の通り。
    永続罠 
    (1):このカードの発動時の効果処理として、
    デッキから「ヴァレット」モンスター2体を墓地へ送り、
    フィールドのリンク3以上のモンスターの数だけ、このカードにヴァレットカウンターを置く。
    このターン、自分のリンクモンスターは戦闘では破壊されない。
    (2):自分が戦闘ダメージを受ける度に、このカードにヴァレットカウンターを1つ置く。
    (3):自分メインフェイズ2に、このカードのヴァレットカウンターを1つ取り除き、
    自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。
    そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
    この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、フィールドから離れた場合に除外される。
    (4):自分・相手のエンドフェイズに、このカードのヴァレットカウンターが無い場合に発動する。
    このカードを墓地へ送る。
     OCGに比べ、乗るカウンターの数の不安定さと自壊デメリットがあるが、代わりに発動コスト墓地を肥やす事ができ、特殊召喚先にも制限が無い。
     因みに(3)の発動ターンにリボルバーがリンク召喚したモンスターは全て闇属性であるためOCG効果でも再現性には問題はない。

関連カード

収録パック等


Tag: 《リンク・デス・ターレット》 永続罠

広告