《リンク・バースト》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのリンクモンスター1体と、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 ETERNITY CODEで登場した通常魔法
 自分リンクモンスター相手モンスター破壊し、その後1枚ドローする効果を持つ。

 このカードの効果だけでも計算上のアドバンテージは対等であり、対象を選択できる分優位になりやすい。
 ただどうせなら自分フィールドリンクモンスターは、破壊された場合にアドバンテージを得られるようなモンスターや、《リンクリボー》のような自己再生の容易なものを選びたい。
 後述の通り自分モンスター破壊できない場合にも相手モンスター破壊ドローは行えるため、破壊耐性持ちを対象にするのもよい。
 【天威】では《天威龍−シュターナ》墓地に存在する状態で《天威の拳僧》破壊すれば、このカードと合わせて2体の相手モンスター破壊し、《天威の拳僧》も即座に蘇生できる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《リンク・バースト》の効果処理時対象としたモンスターのうち片方あるいは両方がフィールド離れていた場合、効果処理はどのように行われますか?
  また《リンク・バースト》の効果処理時対象としたモンスターのうち片方あるいは両方が破壊されなかった場合、ドローする処理は行われますか?
A:《リンク・バースト》の効果処理時に、対象としたモンスターのいずれか1体でもフィールドに存在しているのであれば、そのモンスター破壊し、その後、デッキから1枚ドローします。
  また、《リンク・バースト》の効果処理時に、対象モンスターの内1体のみが破壊されずフィールドに残る場合も、もう一方の対象モンスター破壊して、ドローをします。
  なお、効果処理時に、対象とした2体のモンスターフィールド離れているなどの理由によって、破壊する処理を行えない場合は、ドローする効果適用されません。(20/01/15)


Tag: 《リンク・バースト》 魔法 通常魔法

広告