《リンク・バンパー/Link Bumper》

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/サイバース族/攻1400
【リンクマーカー:上/左】
サイバース族モンスター2体
(1):1ターンに1度、このカードのリンク先の自分のモンスターが
相手のリンクモンスターに攻撃したダメージステップ終了時に発動できる。
このバトルフェイズ中、そのモンスターは通常の攻撃に加えて、
このカード以外の自分フィールドのリンクモンスターの数まで、相手のリンクモンスターに攻撃できる。
この効果を発動するターン、そのモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できない。

 CIRCUIT BREAKで登場した地属性サイバース族リンクモンスター
 リンク先自分モンスターリンクモンスターへの攻撃回数を増やす誘発効果を持つ。

 リンク召喚の条件は同じサイバース族2体を必要とする《ハニーボット》を参照。

 相手依存の効果であり、相手リンクモンスターコントロールしていなければ発動条件を満たす事はできない。
 攻撃回数が追加される数はこのカード以外の自分リンクモンスターの数であり、リンク素材も考えるとかなりの大量展開を行わなければ効果は活かせない。
 更に連続攻撃できる対象はリンクモンスターのみという誓約も大きく、《ハーフ・シャット》などで相手リンクモンスター戦闘破壊耐性を与えなければ有効活用は難しい。
 このように限られた状況でなければ効果は有効活用できず、汎用性は低い。

 《リコーデッド・アライブ》蘇生カードを利用すれば、3回までの連続攻撃は狙える。
 まず、このカードを経由してリンク3のコード・トーカーを出した後、このカード蘇生
 さらにそのコード・トーカー《リコーデッド・アライブ》除外して発動し、このカードリンク先メインモンスターゾーンコード・トーカーを出した上で《リコーデッド・アライブ》の(2)の効果を使えば3体のリンクモンスターが揃う。
 《サイバース・ガジェット》であればこのカードを経由させた上でリンク3のコード・トーカーにもつながる。
 ただし、この場合でも相手フィールドリンクモンスターが2体以上存在しているか、相手リンクモンスター戦闘破壊耐性を付与しておく必要があり、多くのカードを消費するコンボとなってしまう。
 送りつけ発動条件を満たすならば《星杯神楽イヴ》と相性が良く、リンク先モンスターが存在すれば戦闘破壊されないためサンドバッグにできる。

 リンクマーカーは上と左にあるので、リンクマーカーが左右や右下左下にあるリンク2のモンスターと比較して相互リンクが行いやすく、相互リンクの数が条件になっている効果を利用するために採用する価値はあるかもしれない。

  • 「バンパー」は「弾くもの」という意味だが、イラストを見るにピンボールでボールをはじくバンパーがモチーフだろう。
    「ピンボールのような見た目の通り、何度も相手に攻撃ができる」とアニメのd-データでは紹介されている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《リンク・バンパー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 地属性 サイバース族 攻1400

広告