《リヴェンデット・エグゼクター/Revendread Executor》

儀式・効果モンスター
星8/闇属性/アンデット族/攻3000/守   0
「ヴェンデット」儀式魔法カードにより降臨。
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「リヴェンデット・スレイヤー」として扱う。     
(2):儀式召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は他の自分フィールドのカードを効果の対象にできない。
(3):儀式召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「ヴェンデット」カード1枚を手札に加える。

 EXTRA PACK 2018で登場した闇属性アンデット族儀式モンスター
 カード名《リヴェンデット・スレイヤー》として扱う永続効果、他の自分カード効果の対象にできなくする永続効果儀式召喚した自身が戦闘または相手効果破壊された場合にヴェンデットサーチする誘発効果を持つ。

 (1)はモンスターゾーンに存在するこのカード名《リヴェンデット・スレイヤー》として扱う効果
 墓地《リヴェンデット・ボーン》があれば破壊に対する身代わりが適用できる。
 ただしあくまでモンスターゾーンに限られるので、あちらと異なり《儀式の下準備》には対応せず、上記による身代わりも例えば装備カード扱いとして魔法&罠ゾーンに存在する場合には利用できない。

 (2)は相手自分の他のカード効果の対象にすることを防ぐ効果
 モンスターだけでなく、全ての魔法カード罠カードも適用範囲に含むので、《サイクロン》をはじめとする汎用魔法&罠ゾーン除去カードでさえも無力にする。
 他の類似カードには無い強みであり、この効果を活かした運用を考えるべきである。
 このカード自身は耐性を持たないが、儀式召喚《ヴェンデット・コア》《儀式魔人デモリッシャー》を使用することで、対象を取るあらゆる効果を封殺する強固な布陣を形成できる。

 (3)の効果破壊された際のサーチ効果
 他のヴェンデット儀式モンスターと異なり能動的に発動することは難しいが、カード種別を問わずサーチできる。

 (2)(3)共に儀式召喚限定の効果であり、他のヴェンデット儀式モンスター以上に蘇生帰還との相性は良くない。
 幸いヴェンデット儀式魔法墓地からの儀式召喚が可能なので、できるだけ何度も儀式召喚できるようなデッキ構築を心がけたい。

 また、《トレード・イン》《奈落との契約》《儀式の供物》などを共有できる闇属性レベル儀式モンスターは比較的選択肢が豊富であり、それらと組み合わせるのも手か。

関連カード

―《リヴェンデット・エグゼクター》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《リヴェンデット・エグゼクター》 モンスター 効果モンスター 儀式モンスター 星8 闇属性 アンデット族 攻3000 守0 ヴェンデット

広告