《ルーレット・スパイダー/Roulette Spider》

速攻魔法
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
サイコロを1回振り、出た目の効果を適用する。
1・自分のLPを半分にする。
2・その攻撃を自分への直接攻撃にする。
3・自分フィールドのモンスター1体を選び、
そのモンスターに攻撃対象を移し替えてダメージ計算を行う。
4・攻撃モンスター以外の相手フィールドのモンスター1体を選び、
そのモンスターに攻撃対象を移し替えてダメージ計算を行う。
5・その攻撃を無効にし、そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。
6・その相手モンスターを破壊する。

 コレクターズパック−運命の決闘者編−で登場した速攻魔法
 攻撃宣言された際に発動でき、サイコロの出目で適用される効果が変わる。

 相手モンスター攻撃宣言時と発動タイミングが限定されているため、発動前に除去される可能性を抱えている。
 その割には効果に安定性がなく、状況によっては3・4が役に立たず、1・2を引いた場合はカード1枚を消費した上で更に状況を悪化させてしまう結果に終わる。
 何より安定性を犠牲にするだけの威力がなく、メリット効果のいずれも何らかのカード下位互換である。
 相手モンスター除去したいのならば《聖なるバリア −ミラーフォース−》ダメージを与えたいのならば《魔法の筒》と他に有用なものは多く存在する。

 一応、対象を取らない、破壊が確定しないために《スターダスト・ドラゴン》効果発動させない、罠カードではないため《人造人間−サイコ・ショッカー》に妨害されないといった局所的なメリットは存在する。
 もっとも、安定性と引き換えにするほどのメリットとは言い難く、城之内のファンデッキに採用される程度だろう。

  • 遊戯王Rでは「城之内vsクラマス・オースラー」戦にて城之内が使用。
    効果を受けた《アリジゴク》の攻撃対象に最初は城之内自身が選ばれたが、《確率変動》によってやり直しを行い、2回目はクラマスが選ばれた。
    なお、この時はライフコストを払った描写がない。
  • ライフコストに関しては何故かテキストに記されておらず、代わりに城之内が台詞で説明している。
    遊戯王Rで再登場した際にライフコストが無かったのはこのせいで忘れられた可能性がある。

関連カード

―蜘蛛をモチーフとするカードの一覧は《蜘蛛男》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:自分又は相手モンスターが1体しかいないときに発動できますか?
A:発動できます。(15/05/15)

Q:攻撃モンスター《禁じられた聖槍》効果適用されている場合、サイコロの1以外の効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(15/05/15)


Tag: 《ルーレット・スパイダー》 魔法 速攻魔法

広告