《レインボー・ライフ/Rainbow Life》

通常罠
手札を1枚捨てて発動できる。
このターンのエンドフェイズ時まで、
自分は戦闘及びカードの効果によって
ダメージを受ける代わりに、
その数値分だけライフポイントを回復する。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 PHANTOM DARKNESSで登場した通常罠
 発動ターン中のあらゆるダメージ回復に変換する効果を持つ。

 戦闘ダメージ効果ダメージのどちらにも対処でき、直接攻撃等に対し発動すれば大幅なライフゲインが見込める。
 ただし手札コストが必要なため重く、またカード・アドバンテージが得られないので、メインデッキから搭載される事は少ない。

 このカードの主な活躍の場はエキストラデュエルである。
 エキストラデュエルでは4ターン後の終了時にライフポイントが多いほうが勝利となる。
 最終ターン目が自分ターンであれば、このカード発動した上で自爆特攻を繰り返し、大幅にライフポイント回復して勝利できる。
 最終ターン相手ターンの場合も、相手直接攻撃等を回復に変換し、相手ライフポイントを上回れば勝利が狙える。
 またエキストラデュエル突入後にバーンカードを使用して勝利を狙う戦術に対しても有効なメタとなる。
 こうした事情から、大会ではサイドデッキに搭載されている事が少なくない。

 一部のコンボデッキではメインデッキから搭載される事もある。
 【リクル特攻】では、このカード発動してリクルーターによる自爆特攻を繰り返す事で、莫大なライフポイントを獲得できる。
 《ギガンテック・ファイター》を使用すれば、理論上無限にライフポイント回復できる。
 《トーチ・ゴーレム》特殊召喚してトーチトークン2体に自爆特攻させると、6000ポイントの回復が可能。
 自分カードの効果ダメージ回復するので、自分《パワー・ボンド》《女神の加護》《破滅へのクイック・ドロー》《時の魔術師》等のダメージライフ・アドバンテージに変えられる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:《シモッチによる副作用》相手フィールドに存在する場合はどうなりますか?
A:《シモッチによる副作用》効果ダメージを受けることになります。
  無限ループが発生することはありません。(07/11/27)

Q:コストとして支払ったライフポイントにも適用できますか?
A:このカードが干渉するのは「ダメージ」のみです。
  「ダメージ」と「ライフコスト」は別のものとして扱います。

Q:自分《レインボー・ライフ》《和睦の使者》発動したターンに、相手攻撃力3000の《青眼の白龍》直接攻撃した場合どうなりますか?
  また相手フィールド上に《シモッチによる副作用》が存在している場合どうなりますか?
A:いずれの場合でも《和睦の使者》適用され、戦闘ダメージ自体が発生しないため、《レインボー・ライフ》効果は適用されません。
  したがって、《シモッチによる副作用》効果が適用されることもなく、ライフポイントは変動しません。(19/08/16)


Tag: 《レインボー・ライフ》 通常罠

広告