《レグルス/Regulus》

効果モンスター
星4/光属性/獣族/攻1700/守1000
自分の墓地に存在するフィールド魔法カード1枚を選択して発動する。
選択したカードをデッキに戻す。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

 STARDUST OVERDRIVEで登場した光属性獣族下級モンスター
 墓地フィールド魔法デッキ戻す起動効果を持つ。

 戻したところで手札に加わらなければ再利用にならず、単体ではまったく意味のない効果
 《テラ・フォーミング》腐る確率は下げられるが、基本的に維持がメリットとなるフィールド魔法の存在と、墓地に存在する事を前提とするこのカードの想定している状況との乖離が甚だしい。
 同じフィールド魔法が3枚以上必要であったとしても、フィールド魔法を直接サルベージできる《マインフィールド》や、効果を得られる《擬似空間》を用いるほうが安定する。

 このカード独自の利点として、効果に即効性がある点、毎ターン使用できる点、発動が即座にディスアドバンテージとならない点が挙げられる。
 モンスター戦闘破壊したり、シンクロ召喚などに利用できれば効率的。
 しかしながら、これといって有効な展開手段も持たず、ステータスも並のアタッカー以下であるために、上記要素を活かすこと自体に手間がかかる。
 それなりにサポートカードは豊富だが、単体では《ZW−一角獣皇槍》などに及ばず、かといってコンボの爆発力もないので、比較的発動機会が多い、フィールド魔法の被破壊効果を利用するデッキであっても、優先順位は低い。

 コンボとなる《歯車街》などを複数確保しやすくなるので、《マジカルシルクハット》との相性は良い。
 あちらの効果でこのカードを守る事ができれば、再度効果を使用でき、特殊召喚コストなどにも利用しやすい。
 逆に言えば、その程度のメリットしかないので、《オネスト》《幻獣の角》等に対応する事もあり、攻撃されずに放置される場合もある。
 にはなるかもしれないが、安全性が高いわけでもないので、扱いにくい事に変わりはない。

  • 「レグルス(Regulus、本来の発音はレギュラス)」は、しし座α星を指す。
    語源は獅子の心臓を意味するラテン語の「コル・レオニス(Cor Leonis)」から。
    黄道上に存在する星々の中で唯一の一等星である。
  • TAG FORCE5では、龍可関連のシナリオでよく顔を出しており、可愛らしくデフォルメされたぬいぐるみなども登場。

関連カード

―星座関係

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:対象をとる起動効果です。(09/11/14)


Tag: 《レグルス》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 獣族 攻1700 守1000

広告