《レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント/Tyrant Red Dragon Archfiend》

シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守3000
チューナー2体+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。
「レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズ1に発動できる。
このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
このターン、このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
(2):バトルフェイズに魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にして破壊し、このカードの攻撃力を500アップする。

 ザ・ダーク・イリュージョンで登場した闇属性ドラゴン族シンクロモンスター
 自身以外のフィールドのカードを全て破壊する起動効果バトルフェイズ中の魔法・罠カード発動無効にし自己強化を行う誘発即時効果を持つ。

 シンクロ素材に2体のチューナーを必要とするため、シンクロ召喚には一工夫が求められる。
 それ以外の縛りは特になく、同レベル《えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル》などと違いシンクロモンスターを経由する必要がない。
 《デブリ・ドラゴン》《レスキューラビット》などを使えば容易く2体のチューナーを用意できるため、レベル10になるようもう一体モンスターを出せばシンクロ召喚できる。
 《ジャンク・シンクロン》《シンクロ・フュージョニスト》蘇生させ、《アクセル・シンクロン》を出しつつ《簡易融合》サーチして出すことも可能。
 《ブリリアント・フュージョン》レベル1、光属性チューナー融合素材にして《ジェムナイト・セラフィ》を出し、《デブリ・ドラゴン》で吊り上げる手もある。

 【青眼の白龍】では《光の霊堂》《青き眼の乙女》を含む2体の光属性レベルチューナー召喚し、《青き眼の乙女》《光の霊堂》効果の対象にして《青眼の白龍》特殊召喚すれば出すことができる。

 (1)は自身以外のフィールドのカードに対する全体除去だが、自分カード破壊してしまい、自身以外攻撃できなくなる。
 維持できれば毎ターン全体除去を行えるため、相手が対処できなければそのままエンドカードにもなりうる。
 しかし、バトルフェイズ以外に耐性を持たないため、魔法・罠カードがある状態でシンクロ召喚して除去を行うにはリスクを伴う。
 シンクロ召喚に成功した時に《奈落の落とし穴》などを発動された場合は何もできずに除去されてしまう。
 相手フィールドセットカードがある状態での全体除去なら、《ブラック・ローズ・ドラゴン》の方が消費も少なく、上記の弱点もないため、こちらより確実性が高い。
 また、単純にモンスター除去をするのであれば《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》《えん魔竜 レッド・デーモン》も存在する。

 (2)はバトルフェイズ中の魔法・罠カード発動無効にして自己強化する効果
 (1)の効果魔法・罠カード除去を行うとほぼ意味のなくなる効果であり、ほとんどの場合は(1)の効果で十分である。
 一応相手ターンでの魔法・罠カードによるコンバットトリックを防いだり、自分発動した魔法・罠カード無効にしてコンバットトリックのように使えるため、あって困る効果ではない。
 《おくびょうかぜ》などで(1)の効果による伏せカード破壊をしのがれた場合でも安全に攻撃できる。
 また、他のモンスターと並べて総攻撃する場合は(1)の効果を使うことができないため、使える場面が出てくる。
 ただし、このような大型モンスターは大抵召喚までの過程で妨害される事が多く、耐性を持たないこのカードはそれらに対応できないため、あまり噛み合っていない。
 バトルフェイズ中に《リミットオーバー・ドライブ》《緊急同調》特殊召喚することで《奈落の落とし穴》などを無効にして追撃することはできる。

 基本的にはこのカードシンクロ召喚できる状態なら、より低レベルシンクロモンスターも出せるということになる。
 他にも《スターダスト・ウォリアー》《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》などの、より強力な牽制力を発揮するモンスターも出せる場合が多い。
 このカードは他のシンクロモンスターと比較しても気軽に出せない上に、耐性にかなり穴が多く、除去力は優れているものの、維持にはあまり向いてない。
 よってこちらは、魔法・罠カード除去で露払いして、フィニッシャーとすることになるだろう。

  • 「タイラント(Tyrant)」は英語で「暴君」を意味するが、語源はギリシア語の「ティラノス(Tyrannos)」に由来し、その本来の意味は「僭主(せんしゅ)」である。
    「僭主」とは、身分や血統に関係なく実力で君主になった者のことであり、デュエルの腕一つでシンクロ次元の頂点に君臨したジャックに相応しいモンスターである。
  • ARC-Vの劇中には、拾う事で手札フィールドが空の状態でも使うことができるアクションマジックが存在するため、(1)の効果を使っても(2)の効果は活かしやすかった。
    (もっとも、そのルールもランサーズが来てから導入されたものなのだが)
    だが、そのままOCG化した結果、(1)と(2)の効果の併用は非常に難しくなってしまった。
  • また、このカードの最初のシンクロ召喚を行うシーンは、他にも「5D's」へのセルフオマージュ要素に満ちていた。
    同作では他にも過去作のゲストキャラが数人登場しているが、使用カードの中では最もオリジナル作品を意識した演出と言えよう。

関連カード

―類似効果

―名前関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星10 闇属性 ドラゴン族 攻3500 守3000 レッド・デーモン デーモン 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告