《レッド・ノヴァ/Red Nova》

チューナー・効果モンスター
星1/炎属性/天使族/攻   0/守   0
「レッド・ノヴァ」の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):フィールドにレベル8以上のドラゴン族Sモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードがチューナー2体以上を素材とする
S召喚に使用され墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから悪魔族・炎属性モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 コレクターズパック−閃光の決闘者編−で登場した炎属性天使族下級モンスターチューナー
 レベル8以上のドラゴン族シンクロモンスターが存在する場合に自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果、特定のシンクロ素材として墓地へ送られた場合に炎属性悪魔族モンスター1体をリクルートする誘発効果を持つ。

 (1)の特殊召喚効果だけが目当てなら、同じレベルで条件が緩く、《コール・リゾネーター》サーチも容易な《シンクローン・リゾネーター》で十分である。

 (2)の効果を使う場合は、《えん魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ》《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》《レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント》を即座に出さなければならない。
 他にチューナーを用意する必要があるため、《デブリ・ドラゴン》蘇生させ、《簡易融合》レベル5を出すなどして《レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント》を出すのが楽だろう。

 リクルート対象は限られており、守備表示特殊召喚されるためアタッカーにも使えない。
 また、少なくとも3体のモンスターを使うため、モンスターを大量展開できるデッキでなければシンクロ素材にも使いにくい。
 効果を活かせるようなモンスターデッキのコンセプトと合うようなモンスターも少ない。
 せいぜい《レッド・リゾネーター》リクルートして大幅回復できる程度の利点である。
 1ターン中の発動回数に制限はないので、《シンクロキャンセル》特殊召喚し、再びシンクロ素材にして効果を使い、出したモンスターで再度シンクロ召喚を狙える。

 上記の手順で《レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント》を出す場合のレベル5に、《ブリリアント・フュージョン》で出した《ジェムナイト・セラフィ》を使うのも手か。
 《ジェムナイト・セラフィ》効果召喚権を増やし、他にチューナー召喚しておけばリクルートしたモンスターシンクロ召喚を狙える。

  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE6において、OCG化に先駆けゲームオリジナルカードとして登場した。
    この時はアニメと同じ召喚ルール効果しか持っていなかった。

関連カード

このカードシンクロ素材にできる、チューナー2体以上をシンクロ素材とするシンクロモンスター

レベル12

レベル10

レベル

リクルートできる炎属性悪魔族モンスター

チューナー

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:《レッド・ノヴァ》と《幻影王 ハイド・ライド》で、《アームズ・エイド》シンクロ召喚した場合、《レッド・ノヴァ》の(2)のモンスター効果発動する事はできますか?
A:質問の状況の場合、《アームズ・エイド》シンクロ召喚するためには、《幻影王 ハイド・ライド》モンスター効果適用し、チューナー以外のモンスターとして扱ってシンクロ召喚を行う事になります。
 この場合には、チューナー2体以上を素材とするシンクロ召喚に使用された扱いにはなりませんので、《レッド・ノヴァ》のモンスター効果発動する事はできません。(16/05/13)

Q:このカード地属性チューナーシンクロ素材《XX−セイバー ガトムズ》シンクロ召喚した場合に発動できますか?
A:はい、発動できます。(16/05/15)

Q:このカード地属性として扱われている《幻影王 ハイド・ライド》を含むモンスターシンクロ素材《XX−セイバー ガトムズ》シンクロ召喚した場合に発動できますか?
A:《幻影王 ハイド・ライド》の自身の効果適用せずにシンクロ召喚したのであれば発動できます。(16/05/15)


Tag: 《レッド・ノヴァ》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星1 炎属性 天使族 攻0 守0

広告