《レッド・ロイド・コール/Emergeroid Call》

カウンター罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「ロイド」融合モンスターが存在し、
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。
その後、発動したそのプレイヤーのデッキ・EXデッキから同名カードを全て墓地へ送る。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「ロイド」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編−で登場したカウンター罠
 ロイド融合モンスターが存在する場合にモンスター効果の発動または魔法・罠カード発動無効にした後に同名カードを全て墓地へ送る効果、自身を墓地コスト墓地ロイドモンスターサルベージする効果を持つ。

 (1)の効果ロイド融合モンスターが存在する場合に発動できるカウンター効果
 無効化の範囲は広いが、発動条件がやや厳しい。
 同名カード墓地へ送る点はサーチリクルートを潰すメリットにもなり、墓地利用を促進させかねないデメリットにもなる。

 (2)の効果ロイドモンスターサルベージする効果
 墓地へ送られたターンでも即座に発動できるため扱いやすく、場合によってはこちらの効果を目当てに採用しても良いだろう。
 《エクスプレスロイド》でのサルベージと同様、《キューキューロイド》により即座に特殊召喚して疑似的な完全蘇生とすることも可能。
 融合召喚などでロイド墓地にたまる機会は多く、《エクスプレスロイド》と共にそのサルベージ要員として利用できる。

 《メガロイド都市》とは相性が良く、あちらの(1)の効果でこのカード破壊して2枚目をサーチし、このカードの(2)の効果と繋げれば、アドバンテージを稼ぎつつ次のターンも同じことが繰り返せる。
 更にあちらの(2)の効果サルベージ対象を用意しやすい点でもシナジーがある。
 あるいはこのカード破壊して《ミキサーロイド》サーチ召喚して効果発動し、その後このカードの(2)の効果《ミキサーロイド》サルベージするのも良い。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《レッド・ロイド・コール》 カウンター罠 ロイド

広告