《レッドアイズ・インサイト/Red-Eyes Insight》

通常魔法
「レッドアイズ・インサイト」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札・デッキから「レッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキから「レッドアイズ・インサイト」以外の「レッドアイズ」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した通常魔法
 レッドアイズモンスター墓地へ送り同名カード以外のレッドアイズ魔法・罠カードサーチする効果を持つ。

 発動コストレッドアイズモンスター墓地へ送りながら、レッドアイズ魔法・罠カードサーチできる。
 レッドアイズ専用サーチカードには他に、モンスターにも対応する《黒鋼竜》があるが、このカードはより即効性に優れ、また《黒鋼竜》からこのカードサーチする事もできる。
 上級通常モンスターデュアルモンスターの採用が必須の【真紅眼の黒竜】では墓地肥やしの重要度も高く、コストすら有益である。
 あくまでコストなので、《おろかな埋葬》《竜の霊廟》等よりも確実にレッドアイズ墓地へ送ることができる点も大きい。
 ただし、コストとして墓地へ送る事のできるレッドアイズ手札デッキに存在しない場合は発動できないので注意したい。
 レッドアイズが枯渇しそうな場合には、《伝説の黒石》《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》効果デッキ戻すといいだろう。

 《真紅眼融合》サーチすれば、デッキ融合によって融合モンスターを即座に展開できる。
 さらに、融合召喚した《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》効果使用すれば、この過程で5枚のデッキ圧縮になる。
 また、《レッドアイズ・スピリッツ》《真紅眼の鎧旋》サーチする事で、コストとして墓地へ送ったレッドアイズ蘇生させる準備が整う。
 この時《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》コストにすれば、蘇生させて更なる展開を狙うことも容易になる。
 儀式召喚軸では、レベル8以上のレッドアイズ墓地へ送ることで、《ロード・オブ・ザ・レッド》リリースを賄いつつ《レッドアイズ・トランスマイグレーション》サーチできる。

 以上のように、展開を支えるキーカードサーチ墓地肥やしを同時に行い、デッキ回転と安定性を高めることができる。
 【真紅眼の黒竜】では必須カードと言えるだろう。

  • 「インサイト(Insight)」とは洞察や眼識等を意味する。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《レッドアイズ・インサイト》 魔法 通常魔法 レッドアイズ

広告