《レベル変換実験室(へんかんじっけんしつ)/Level Conversion Lab》

通常罠
自分の手札のモンスターカードを1枚選択して相手に見せ、
サイコロを1回振る。
1の目が出た場合、選択したモンスターを墓地へ送る。
2〜6の目が出た場合、このターンのエンドフェイズ時まで
このモンスターは出た目のレベルになる。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 THE LOST MILLENNIUMで登場した通常罠
 手札上級モンスター最上級モンスター通常召喚サポートする。

 最上級モンスターを対象にした場合、以下のような効果を発揮する。

  1. 1/6で墓地へ送るデメリット効果だが、蘇生墓地肥やしにも繋げられる。
  2. 1/3でリリースが1体減る。
  3. 1/2で即通常召喚可能。

 この他、《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》《レベル制限B地区》でのロックを抜ける手段にもなる。

 しかしこのカードの発動自体で1枚を消費しているため、レベルが2〜4にならなければ有効とは言いがたい。
 それも、最上級モンスターに使用した場合でようやく成功確率を半分にできるのだから効率が悪い。
 採用する最上級モンスターを増やせばそれが手札事故要因に、少なければこちらが手札事故要因になるのも問題である。
 《トレード・イン》との併用で多少は重さを緩和できるか。

 上級モンスターに使用したり、リリースの軽減ならば即効性のある《デビルズ・サンクチュアリ》で十分である。
 罠カードゆえの遅効性を前提とすれば、相手ターンにも使えてある程度確率を操作できる《ヒーロー見参》の方が有効だろう。
 特殊召喚できない《古代の機械巨人》《火之迦具土》《光と闇の竜》等にも、ライフコストこそ必要なものの《死皇帝の陵墓》が存在する。
 レベル操作にしても《スター・ブラスト》の方が使いやすいのが難点。
 一応、ペンデュラムスケール1と7以上のペンデュラムモンスターを揃えればレベル1のモンスターレベル7以上のモンスターペンデュラム召喚を狙うことができる。

 【ギャンブル】では、《リボルバー・ドラゴン》等の最上級ギャンブルモンスターもいるため、イメージを重視したチョイスとしては悪くない。

  • コナミのゲーム作品において―
    アプリゲーム「デュエルリンクス」では城之内が、このカード効果と類似した能力を持つスキル「ダイスdeレベリング」を使用する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:《コストダウン》等の効果レベルが2下がっている状態のモンスターを選択してこのカード発動し、サイコロの目が3だった場合そのモンスターレベルはどうなりますか?
A:その場合、レベルは3となりそこからレベルが下がる事はありません。(10/07/29)

Q:相手《真実の眼》効果自分手札公開されている時にこのカード発動できますか?
A:いいえ、できません。(14/12/06)


Tag: 《レベル変換実験室》 通常罠

広告