《ローガーディアン/Skull Guardian》

儀式モンスター
星7/光属性/戦士族/攻2050/守2500
「ローの祈り」により降臨。
場か手札から、星の数が合計7個以上になるよう
カードを生け贄に捧げなければならない。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 DARK CEREMONY EDITIONで登場した光属性戦士族儀式モンスター

 《儀式の準備》に対応し、《高等儀式術》墓地へ送れ《E・HERO ネオス》とは属性種族サポートを共有できる。
 その後《O−オーバーソウル》蘇生させることで展開したり、ランク7のエクシーズ召喚にも繋げられる。
 モンスター効果を持たない点も《ダイガスタ・エメラル》《絶対魔法禁止区域》も共有できるメリットになる。
 守備力が高く、《最強の盾》を装備させれば攻撃力4550のアタッカーとなる。

 レベル7・戦士族儀式モンスターには《ガルマソード》も存在し、あちらの方がステータスが高い。
 こちらは光属性なので《オネスト》に対応し、ガーディアンの名を持つため《ウェポンサモナー》でもサーチできる等、差別化は容易。

  • 名前からすると、《ローの祈り》に描かれている女性を護る戦士と見て取れる。(真DMでも「守護兵」とされている)
    しかし、ゲームのフレイバー・テキストを見ると、法律(law)の番人と書いてある。
    更に英語名では頭蓋骨(Skull)の番人と、更にわけが分からなくなってしまっている。
    イラストの頭部は骨のように見えないことも無い。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナル「デュエルクエスト編」で、店に売られていたカードの1枚。
    他、米国で制作された『遊戯王カプセルモンスターズ』(Yu-Gi-Oh! Capsule Monsters)で登場。
    《炎の剣士》《サンダー・キッズ》を一蹴するが、《ブラック・マジシャン》の力を得た遊戯に敗れた。
    OCGでは光属性であるが、劇中では「闇の怪物」と言われていた。
    • アニメ5D'sの「遊星vsアキ」(2戦目)において遊星が使用した罠カード《リアライズ・ディフェンス》のイラストに描かれている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ローガーディアン》 儀式モンスター モンスター 特殊召喚モンスター 星7 光属性 戦士族 攻2050 守2500 ガーディアン

広告