《ローグ・オブ・エンディミオン/Rogue of Endymion》

効果モンスター
星3/炎属性/魔法使い族/攻1500/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):このカードの魔力カウンターを1つ取り除き、
手札から魔法使い族モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキから永続魔法カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
このターン、自分はこの効果でセットしたカード及びその同名カードの効果を発動できない。

 Vジャンプ(2019年5月号) 付属カードで登場した炎属性魔法使い族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合に魔力カウンター置く誘発効果魔力カウンター魔法使い族コストデッキから永続魔法セットする起動効果を持つ。

 (1)は魔力カウンター置く効果
 緩い条件で置くことができ、魔法使い族サポートカードを使えばさらに発動はしやすくなる。
 魔法使い族内では対応カードは少ないが《真炎の爆発》にも対応している。

 (2)は永続魔法セットによるサーチ
 採用率の高い《灰流うらら》にこそ妨害されないが、発動制限がかかるため、カードの発動までに1ターンのタイムラグが起きてしまう。
 そのまま相手ターンに回すと除去されることは必至なため、バウンスなどで対策をしておきたい。
 手札コストとして魔法使い族を必要とするため、【魔法使い族】系列、特に【魔力カウンター】での運用が主になるだろう。

 魔力カウンターに関しては(1)の効果で補えるため、永続魔法を必要とする他の【魔法使い族】でも採用を検討できる。
 特に【ウィッチクラフト】の場合は(2)の効果を使って《ウィッチクラフト・シュミッタ》下級ウィッチクラフトモンスターコスト《ウィッチクラフト・バイストリート》《魔術師の再演》等をセットすることでデッキ圧縮とその後のコンボに貢献できるので相性が良い。
 破壊されても自己サルベージ効果を持つので(同一ターン効果発動できないためやはりタイムラグはあるが)セット後の除去もカバーできる。
 上記以外では(1)の効果《速炎星−タイヒョウ》《炎星師−チョウテン》共々《真炎の爆発》にも対応している点を活かして《炎舞−「天キ」》炎舞永続魔法セットでき、その後除去されても《間炎星−コウカンショウ》《炎星仙−ワシンジン》等でサルベージおよび再利用できる【炎星】でも相性が良い。
 この場合は、手札コスト魔法使い族を何枚か用意しておくといいだろう。

  • ローグ(rogue)は英語で「悪漢・悪者・ならず者・浮浪者・詐欺師・一匹狼」を意味する。

関連カード

―類似効果

収録パック等


Tag: 《ローグ・オブ・エンディミオン》 モンスター 効果モンスター 星3 炎属性 魔法使い族 攻1500 守200 エンディミオン

広告