《ロード・ウォリアー/Road Warrior》

シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻3000/守1500
「ロード・シンクロン」+チューナー以外のモンスター2体以上
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキからレベル2以下の
戦士族・機械族モンスター1体を特殊召喚する。

 STARTER DECK(2009)で登場した光属性戦士族シンクロモンスター
 レベル2以下の戦士族または機械族リクルートする起動効果を持つ。

 チューナー《ロード・シンクロン》に限定しており、チューナー以外のモンスターを2体以上必要とするなど、シンクロ召喚には多くの条件が課せられている。
 しかし、《ロード・シンクロン》の代わりに《クイック・シンクロン》が利用できるため、さほど苦もなくシンクロ召喚できる。
 同じくレベル8で《クイック・シンクロン》から出せるシンクロモンスターには《ジャンク・デストロイヤー》《フルール・ド・シュヴァリエ》が存在するため、状況に応じて使い分けたい。

 ノーコストリクルート効果自体は強力であり、チューナー等をリクルートし、次のシンクロ召喚へ繋ぐための布石を整えるのが理想的。
 チューナー以外では《チューニング・サポーター》《ドッペル・ウォリアー》《ボルト・ヘッジホッグ》といったシンクロ召喚に繋ぐ際に有用なものをリクルートできる。
 変わったところでは《D・クリーナン》守備表示特殊召喚し、除去を行える。

 そのリクルート効果もあいまって必然的に【ローレベル】に寄ったデッキ構成が求められる。
 デッキ構成によっては《リミット・リバース》だけでなく、《機械複製術》《地獄の暴走召喚》の力も借りてシンクロ召喚に繋げたい。
 もちろん【ジャンクドッペル】等のデッキに1枚挿しても活躍してくれる。

  • カード名の「ロード」は《ロード・シンクロン》の「Road」と、マントや金の鎧のような高貴なデザインから統治者や君主を表す「Lord」の二つの意味を持っていると思われる。
    イラストの背景にもこの名の通り道が走っている。
    また、Vジャンプでは「プライド高き 王の戦士!!」と紹介されている。
    ただし、英語名は前者を採用している。
  • シンクロ召喚時の口上は「集いし希望が新たな地平へいざなう。光さす道となれ!シンクロ召喚!駆け抜けろ、《ロード・ウォリアー》!」
  • 「遊星vsアポリア」戦において遊星が使用した罠カード次元渡航(ディメンジョン・ボヤージュ)》のイラストに描かれている。
  • 出番は多くなかったものの、映像変更後の第2期OPで活躍していたり、遊星バージョンの10周年記念アバンでは締めを飾るなど、本編以外の部分で良い扱いを受けている。
    この点では《カードエクスクルーダー》に似ている。
  • コナミのゲーム作品において―
    TFSPでは、ARC-Vの権現坂に召喚時の専用ボイスが収録されている。
    権現坂が信条とする「不動のデュエル」と、このカードの元祖の使い手である不動遊星をかけたネタだろうか。
    口上は「新たな地平」が「新たな不動のデュエル」に差し替わった彼専用のものである。
    彼の使用するデッキのいずれにも投入されておらず、このボイスを聞くためにはボイステストで確認するか、彼のパートナーデッキに投入して召喚させなければならない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ロード・ウォリアー》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星8 光属性 戦士族 攻3000 守1500 ウォリアー

広告