《ロード・オブ・ザ・レッド/Lord of the Red》

儀式・効果モンスター
星8/炎属性/ドラゴン族/攻2400/守2100
「レッドアイズ・トランスマイグレーション」により降臨。
(1):1ターンに1度、自分または相手が
「ロード・オブ・ザ・レッド」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
(2):1ターンに1度、自分または相手が
「ロード・オブ・ザ・レッド」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、
フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 コレクターズパック−運命の決闘者編−で登場した炎属性ドラゴン族儀式モンスター
 自身以外のカードの効果発動した時に発動できる、モンスター1体を破壊する誘発即時効果魔法・罠カード1枚を破壊する誘発即時効果を持つ。

 儀式召喚に関しては《レッドアイズ・トランスマイグレーション》のページを参照。
 《真紅眼の黒竜》通常モンスターなので《高等儀式術》によって儀式召喚しても良いが、その場合はレベル通常モンスターが必要となる。

 (1)(2)の効果はほぼ同じであり、それぞれ1ターンに1度ずつ、自分または相手の他の効果の発動に対応し除去が発生する。
 違いはモンスター破壊するか、魔法・罠カード破壊するかのみで、それ以外は全く同じ効果である。
 従って、実質的に1ターンに2回までの効果で、モンスターに1回、魔法・罠カードに1回、と考えても差し支えない。

 発動条件が非常に緩く、どちらが発動しても対応するため、相手へのカウンターだけでなく、自分から使用できる点も大きな利点となる。
 特に永続魔法永続罠といった永続カードは、発動チェーンする形で破壊することで実質的に無効化できるため、牽制となる。
 ペンデュラムゾーン発動する場合もチェーンできるため、ペンデュラム召喚への対策にもなる。

 一方で効果自体を無効にできるわけではないため、除去に対する対策にはならない。
 効果をフルに活かす場合はフリーチェーンカードを多めに採用し、自分相手ターンの任意のタイミングで除去できるようにしておきたい。

 破壊するカード自分カードも可能なので、それによるコンボも考えられる。

  1. 装備魔法《アームズ・ホール》サーチサルベージを行える。
    《盗人の煙玉》を装備すれば相手サーチカードなどに対する抑止力となり、《ビッグバン・シュート》相手に装備させれば、除外除去を両方使えるようになる。
    先出しが前提ではあるが、《旗鼓堂々》で上記のカードを装備させ、(2)の効果破壊可能な状態にしておけば相手カードの発動に対しての牽制になる。
    たとえ、カード発動しなくとも、エンドフェイズには自壊するため仕事はしっかり果たしてくれる。
  2. 《鎖付き爆弾》:(2)の効果破壊して、(1)の効果と合わせて2体のモンスター除去も可能。
  3. 《ゴブリンのやりくり上手》発動に対して(2)の効果チェーンして破壊すれば、2枚ドローできるため、擬似【やりくりターボ】のような運用も可能。

 ステータスレベルの割には低いので、維持するサポートが必要になる。
 幸いにも蘇生制限を満たせば蘇生帰還は可能なので、儀式召喚後に《リビングデッドの呼び声》《D・D・R》で使いまわしてみるのも良いだろう。
 《禁じられた聖槍》《安全地帯》なら、不安なステータスを補いつつ自身の効果を活用できる。
 効果耐性も無いが、モンスター効果による除去は大半が起動効果であるため、召喚特殊召喚のタイミングでフリーチェーンカード発動するだけで1ターンに1度は防ぐことができる。

 《ジュラゲド》とは相性が良く、《ジュラゲド》の自身を特殊召喚する効果攻撃力強化する効果で、1枚で2回分のトリガーとする事ができる。
 特に後者の効果の場合は相手ターンでも好きなタイミングで発動して妨害する事ができ、同時にこのカードの低い攻撃力も補うことができる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(1)、(2)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(15/05/16)


Tag: 《ロード・オブ・ザ・レッド》 モンスター 儀式モンスター 効果モンスター 星8 炎属性 ドラゴン族 攻2400 守2100

広告