《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者(しはいしゃ)−/Lord of D.》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1200/守1100
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いのプレイヤーはフィールドのドラゴン族モンスターを効果の対象にできない。

 EXで登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 ドラゴン族効果の対象にできなくする永続効果を持つ。
 《竜魔人 キングドラグーン》融合素材である。

 ドラゴン族効果の対象への耐性を付与するが、自身のステータスがあまりに低い。
 また、自身がドラゴン族でないためサポートカードドラゴン族と共有できず、単体での使い勝手は悪い。
 基本的には、《竜魔人 キングドラグーン》融合召喚《ドラゴンを呼ぶ笛》発動に繋げるために採用することになる。
 魔装戦士との相性は良く、他のドラゴン族と共にペンデュラム召喚してサポートに徹する事ができる。
 《召魔装着》で自身とドラゴン族強化も狙える。

 《竜魔人 キングドラグーン》融合召喚には、《融合呪印生物−闇》《沼地の魔神王》等の融合素材代用モンスターを使用することが可能。
 よって、正規の融合素材の内、《神竜 ラグナロク》とこのカードのいずれかを採用すればよい。
 モンスタードラゴン族通常モンスターを増やしたい場合は前者となり、闇属性で統一したい場合は後者となる。
 《ダーク・グレファー》等で《融合呪印生物−闇》と共に墓地へ送ることで、《龍の鏡》での融合召喚につなげることも可能である。

 専用サポートカードとして《ドラゴンを呼ぶ笛》が存在するが、これについては《ドラゴンを呼ぶ笛》のページを参照。

  • 対象」という用語が使用された最初のカードだが、「対象にならない」という、あたかもこの言葉が既存のルール用語であるかのような用法だったので大混乱を呼んだ。
    当時の書籍を振り返ると、《サンダー・ボルト》はすべてのモンスター対象にとっているのか否かについて解釈が割れている。
    中には「ドラゴン族はいったん守られるが、ロード・オブ・ドラゴンが破壊された後に時間差で結局破壊される」という奇抜な回答を載せた本もある。
  • 英語名は何故か「ドラゴン」が略されている。
  • 「支配者」という名だが、効果ドラゴン族を守っている。
    そんな人物だからこそドラゴン族も従属しているのだろう。
    真DM2では彼の口から「ドラゴンを守る者」という言葉が聞ける。
  • 劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』の「藍神vs海馬」戦では海馬の手札に存在が確認できる。
  • 真DM2では、《究極竜の儀式》をスロットで揃えるとこのカードが入手できた。
  • DUEL TERMINALでは専用ボイス付きでモクバが使用する。
  • フォルスバウンドキングダムでの攻撃名は「竜魂招来」。

関連カード

融合関連

―《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:ドラゴン族モンスターに装備されている《強奪》を、このカード召喚して無効にすることはできますか?
A:このカードの効果適用される前から存在する装備カードには、影響を与えません。
  なお、《早すぎた埋葬》墓地からドラゴン族特殊召喚した場合、《早すぎた埋葬》特殊召喚したドラゴン族に装備されます。
  《早すぎた埋葬》破壊された時に装備モンスター破壊する効果も、このドラゴン族に適用されます。

Q:場にこのカードが存在する場合、《幻想召喚師》リバース効果特殊召喚したドラゴン族融合モンスターは、効果発動したターン終了時に破壊されませんか?
A:《幻想召喚師》リバース効果対象をとる(指定する)効果ではないため、特殊召喚したターン破壊されます。(07/10/23)


Tag: 《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻1200 守1100

広告