《ロケット・ヘルモス・キャノン/Rocket Hermos Cannon》

融合・効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1500/守1300
このカードは「ヘルモスの爪」の効果で
自分の手札・フィールドの戦士族モンスターを墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
このカード以外のフィールドのモンスター1体を対象として発動する。
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
(2):このカードの効果でこのカードを装備したモンスターは、
1度のバトルフェイズに2回攻撃でき、守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

 コレクターズパック−運命の決闘者編−で登場した光属性戦士族融合モンスター
 《ヘルモスの爪》でのみ特殊召喚でき、特殊召喚に成功した場合に装備カードとなる誘発効果装備モンスター2回攻撃貫通効果を付与する効果を持つ。

 このカード召喚条件の都合から、戦士族の割合が高いデッキ《ヘルモスの爪》を採用して特殊召喚を狙う事になる。
 装備モンスター2回攻撃貫通効果を付与される為、攻撃力が高いモンスターなら大きな戦闘ダメージが期待できる。
 《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》《H−C エクスカリバー》等の、自身の効果攻撃力を飛躍的に高められるモンスターに装備すれば、1ターンキルクラスのダメージを叩き込める。
 【ヒロイック】【戦士族】軸の【希望皇ホープ】ならば、戦士族手札フィールドに用意するのも容易い事である。

 【E・HERO】では、属性融合モンスターである《E・HERO ガイア》《E・HERO Great TORNADO》モンスター効果により高い戦闘能力を誇る。
 また、《E・HERO ノヴァマスター》《M・HERO カミカゼ》戦闘破壊時にドローが行える為、アドバンテージの獲得が狙える。
 墓地へ送るモンスター《E・HERO シャドー・ミスト》にすれば、サーチ効果によりディスアドバンテージを抑える事もできる。

 それ以外には、ハンデス効果を持つ《首領・ザルーグ》自己再生を繰り返せる《不死武士》と相性が良い。
 他にも優秀な戦士族は多い為、装備モンスター墓地へ送るモンスターの候補には困らないだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメDM「ドーマ編」の「城之内vsヴァロン」戦で、城之内が使用。
    《ヘルモスの爪》《ロケット戦士》が合体して生まれたカードである。
    《ランドスターの銃士》に装備され、ヴァロンの「アーマーモンスター」全てを破壊して勝利を狙った。
    だが、《アクティブ・ガード・アーマー》によってダメージは0にされ、更に装備魔法《データブレイン》によってその効果も1ターンのみコピーされた。
    返しのターン召喚された《バーニングナックル・アーマー》に装備され、《ランドスターの銃士》を破壊された事でこのカード破壊されてしまっている。
  • このカードを生み出した時には他2体の伝説の竜が光り出したが、《ランドスターの銃士》が戦闘破壊されたと同時にその光が消える描写がある。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ロケット・ヘルモス・キャノン》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星4 光属性 戦士族 攻1500 守1300 正規の方法以外での特殊召喚不可 融合召喚不可

広告