《ロケットハンド/Rocket Hand》

通常罠
「ロケットハンド」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドの攻撃力800以上の攻撃表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
このカードを攻撃力800アップの装備カード扱いとして、そのモンスターに装備する。
(2):装備されているこのカードを墓地へ送り、
フィールドの表側表示カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、このカードを装備していたモンスターは攻撃力が0になり、表示形式を変更できない。

 EXTRA PACK 2015で登場した通常罠
 装備カードとなり装備モンスター強化する効果装備カードとなった自身を墓地へ送ることでカード破壊する効果を持つ。

 (1)の効果攻撃力800アップの装備カードとなる効果
 上昇値は《突進》を上回り、装備対象の指定も緩く、使いやすい部類と言える。

 (2)の効果フリーチェーン単体除去効果
 装備していたモンスター攻撃力を失い表示形式の変更もできなくなるが、予め守備表示にしておけばデメリットは薄い。
 《スピア・ドラゴン》《マッド・デーモン》であれば、高い攻撃力を活かしつつ守備表示になれる。
 モンスター効果が失われないため、《アマゾネスの剣士》攻撃力を0にして自爆特攻することで反射ダメージを増やすコンボもできる。

 表側表示発動しておくだけで、相手は否応なしにこのカードの存在を前提としたプレイングを強いられる事になる。
 ただし発動したターンに(2)の効果発動できないため、自分ターンに伏せた場合、(2)の効果を使えるのは最短でも次の自分ターンとなる。
 自分ターン装備カードにして攻撃に使い、相手ターンで動きをけん制するといった使い方になるか。
 やや癖はあるが簡易的な《セイクリッド・プレアデス》というべき、高い性能の罠カードと言えるだろう。

  • 創作作品において人型のロボットなどが自らの手首や肘から先を外し、何らかの手段で飛ばして攻撃することは一般的にロケットパンチと呼ばれる。
    しかし名前や飛ばす手段、拳を握るか否かや飛ばした手が戻って来るかなどといった様々な点で作品によって大きく差異がある。
    ロケットハンドもその数多い名前の一つであり、(2)の攻撃力が0になる効果は飛ばした手が敵を道連れにしたために戻って来られず、実質的に手を失ってしまった状態を表現しているのだろう。
    イラストを見る限り無線式でロケットも手首の切れ目となる部分にしか見当たらないため、そもそも一度発射してしまうと戻って来られない使い切りタイプなのかもしれない。

関連カード

装備カードになる罠カードこちらを参照。

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:ダメージステップ発動できますか?
A:発動できません。(16/03/14)


Tag: 《ロケットハンド》 通常罠

広告