《ワーム・ソリッド/Worm Solid》

効果モンスター
星4/光属性/爬虫類族/攻1000/守1600
このカードの守備力は、自分の墓地の
「ワーム」と名のついた爬虫類族モンスターの数×100ポイントアップする。
また、このカードが攻撃され、相手プレイヤーが戦闘ダメージを受けた場合、
そのダメージステップ終了時に相手フィールド上の
魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。

 DUEL TERMINAL −混沌の覇者!!−で登場した光属性爬虫類族下級モンスター
 自分墓地ワームと名のついた爬虫類族の数だけ自身の守備力をアップする永続効果相手のこのカードへの攻撃により相手戦闘ダメージを受けた時に、魔法・罠カード除去する誘発効果を持っている。

 軒並み守備力の低いワーム下級モンスター中では、比較的高い守備力を持っている。
 自身の効果によって守備力はさらに上がるので、2000を超える辺りになった時にセットしておきたいところ。

 さらに相手がこのカード攻撃したことで、反射ダメージが発生した場合に、魔法・罠カード除去する効果も持っている。
 リバースした場合の効果発動するだけして戦闘破壊されるものが多いワームの中に混ぜておくことの有用性は、中々高いと言えるだろう。
 【ワーム】では、相手裏側守備表示モンスター攻撃する際に警戒心を持たせる役割を果たしてくれる。

 守備力しか強化しないため、基本的には守備表示で運用していくことになる。
 そのため、除去効果を使えるのは裏側守備表示のこのカード攻撃される1回限りとなる場合が多い。
 それ以降は単なるにしかならず、その1回で相手ダメージが発生しなければ除去効果発動できない。
 有効に使いたい場合は、《収縮》等と併せて使う必要性が出てくるが、そうまでして使いたい効果とも言い難い。

 もしくは表側表示になった後は思い切って攻撃表示にし、《オネスト》などを警戒させるのも手だろう。
 攻撃表示にした、もしくはされた後に相手攻撃にあわせて《月の書》も一考の余地はあるか。
 【ワーム】ならこちらも採用されているはずなので、覚えておきたい。

 変わった所では相手送りつけて、能動的に相手カードの効果によって自分魔法・罠カード除去するカードとして使ってみるのも面白い。
 特に相手カードの効果によって破壊された場合の効果を持つ魔界台本を多用する【魔界劇団】では、コンボを組み込むことも比較的容易であろう。

  • 「ソリッド(solid)」とは、「立体」「中身が詰まった」等の意味を持つ。
    その名前どおりにイラストでは、液体状のワームが三角錐の立体に詰まっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ワーム・ソリッド》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 爬虫類族 攻1000 守1600 ワーム

広告