《ワーム・ホール/Dimensionhole》

通常魔法
自分フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択した自分のモンスターを次の自分のスタンバイフェイズ時までゲームから除外する。
ゲームから除外している間、そのモンスターカードゾーンは使用できない。

 Thousand Eyes Bible −千眼の魔術書−で登場した通常魔法
 一定期間だけ除外する効果の開祖。

 後に登場した《亜空間物質転送装置》と異なり通常魔法であるため、相手除去チェーンして除外し回避する使い方ができない。
 こちらは通常魔法の速攻性を活かし、《フォーチュンレディ・ライティー》除外してその効果発動させる、スピリット《破壊竜ガンドラ》除外してデメリットを打ち消す等の用途が考えられる。
 ただ、同じ動きを繰り返しできる《刻剣の魔術師》も存在しており、優先順位は低い。
 《刻剣の魔術師》モンスターでありフィールドに出す手間があるため、1度だけの使用ならこのカードの方が使いやすい。

  • ワームホールとは、離れた場所にある2つの空間を「空間を捻じ曲げる」ことによってつなぐとされる空間のことをさす。
    その性質から、「空間の虫食い穴」として命名された。
    ブラック・ホールホワイト・ホールと基本概念は同じだが、1点ではなく2点を歪める点で一線を画している。
    これを利用することで、離れた場所との距離を0にすることによる空間の移動のほか、時間をも捻じ曲げることができるとされている。
    なお、このカードの効果は、「対象モンスターの時空間を次のスタンバイフェイズへ捻じ曲げる」という意味合いであると思われる。
  • アニメGXにおいて「十代vsツバインシュタイン」戦でツバインシュタインが使用。
    《魔界算術師ラプラス》を除外効果ダメージを与えた。
  • アニメ5D'sやアニメARC-Vでは実物のワーム・ホールが登場している。

関連カード

―類似効果

―名前関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:この効果除外したモンスターを、別のカードの効果特殊召喚した場合どうなりますか?
A:このカードの効果が打ち切られ、そのモンスターカードゾーンも使用できるようになります。

Q:《精神操作》等で一時的にコントロールを奪ったモンスター除外した場合、戻って来たモンスターコントロールはどちらが得ますか?
A:エンドフェイズコントロールが戻るため、相手コントロールを得ます。
  次の自分スタンバイフェイズに、除外したモンスターを相手の場に戻します。(10/08/29)

Q:このカード《エネミーコントローラー》チェーンされ、対象モンスターコントロールが相手に移った場合、対象モンスター除外されますか?
A:いいえ、効果解決時に対象が自分フィールド上に存在しない場合、除外されません。(12/04/19)

Q:このカード効果自分エクストラモンスターゾーンに存在するモンスター除外した場合でも、除外されている間そのエクストラモンスターゾーンは使用できなくなりますか?
A:はい、使用できなくなります。(17/03/26)

Q:このカード除外したモンスタースタンバイフェイズに戻ってくる際、戻す位置はこのカードにより使用不可となっていた位置である必要がありますか?
A:はい、必ず使用不可となっていた位置に戻す必要があります。(17/07/01)

Q:エクストラモンスターゾーンモンスター除外した場合、スタンバイフェイズにそのモンスターを戻す際はどのような処理になりますか?
A:フィールドには戻らず、墓地へ送られます。(17/07/01)


Tag: 《ワーム・ホール》 魔法 通常魔法

広告