《ワームドレイク/Worm Drake》

通常モンスター
星4/地属性/爬虫類族/攻1400/守1500
その長い体に巻き込まれたら最後、二度と逃げる事はできない。

 Spell of Mask −仮面の呪縛−で登場した地属性爬虫類族下級モンスター
 《ヒューマノイド・ドレイク》融合素材

 レベル爬虫類族通常モンスターとして見た場合、アタッカー《エーリアン・ソルジャー》ブロッカー《ヴェノム・コブラ》が存在する。
 これらと比較しても中途半端なステータスであり、【爬虫類族】でも《レスキューラビット》の2種類目としての採用は厳しい。

 【ワーム】としても地属性という面から肝心の《W星雲隕石》に対応していないため、やはり通常の構築での採用は難しい。
 一応《レスキューラビット》から2体展開できるので、《キングレムリン》等のエクシーズ素材要員にはなる。
 また、《予想GUY》からリクルートできる《ワーム・キング》《ワーム・クィーン》リリース要員とすることも可能。
 それ以外にも《ヒューマノイド・ドレイク》融合素材となるため、《融合準備》等の融合サポートに対応する利点もある。
 単純に融合素材の種類を増やせる点でも《ワーム・ゼロ》融合召喚軸であれば採用の余地はあるかもしれない。

 同様に守備力2000の《ヒューマノイド・スライム》と共に、《ヒューマノイド・ドレイク》融合素材として【凡骨融合】で使える可能性はある。
 また、地属性通常モンスターであるため、《ジェム・マーチャント》攻撃力強化できる。
 ただ、この場合も攻撃力では《ジェムナイト・ガネット》《戦士ダイ・グレファー》守備力では《岩石の巨兵》に劣る。
 いずれも融合素材になるため、融合召喚サポートカードの共有はできる。

  • 「Worm」とは、一般には「ミミズ」や「蛆虫」などを指す英単語。
    だが、「Wurm」ならば「翼を持たない巨大な蛇の如き竜」を指し、爬虫類族なのはこのためだと思われる。
    一方の「Drake」とは、ラテン語で「竜」を指す単語からだと思われる。
    英語では「家鴨」を指してしまう。
  • コナミのゲーム作品において―
    OCG化される前にDM4で登場しており、この時は昆虫族だった。
    フレイバー・テキストの方は、ゲームもOCGも一字一句違うことなく同じである。

関連カード

融合関連

収録パック等


Tag: 《ワームドレイク》 通常モンスター モンスター 星4 地属性 爬虫類族 攻1400 守1500 ワーム

広告