《ワールド・ダイナ・レスリング》

フィールド魔法
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「ダイナレスラー」モンスターが存在する場合、
お互いのプレイヤーはバトルフェイズにモンスター1体でしか攻撃できない。
(2):自分の「ダイナレスラー」モンスターの攻撃力は、
相手モンスターに攻撃するダメージ計算時のみ200アップする。
(3):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「ダイナレスラー」モンスター1体を特殊召喚する。

 SOUL FUSIONで登場したフィールド魔法
 お互い攻撃を制限する効果ダイナレスラーを一時的に強化する効果、自身を墓地から除外ダイナレスラーリクルートする効果を持つ。

 (1)は攻撃可能なモンスターを1体に制限する効果
 《ダイナレスラー・カポエラプトル》《ダイナレスラー・キング・Tレッスル》とは相性が良い。
 《暗黒の扉》などと同様《くず鉄のかかし》と併用してもいい。
 ただ、ダイナレスラー除去されると適用されなくなるので、除去には気をつけたい。
 自分攻撃も1体のみに制限してしまうため、ダイナレスラー1体で攻撃するか、恐竜族全体攻撃できる《究極伝導恐獣》などを組み合わせたい。

 ダイナレスラーを素材に使い、ダイナレスラーが存在しない状態にして自分に制限が掛からない様にし、エンドフェイズ《ダイナレスラー・システゴ》効果ダイナレスラー蘇生して相手にのみ制限をかける手もある。

 (2)は攻撃したダイナレスラー強化する効果
 強化としては微弱で、(1)の効果もあるので実質1体しか強化できない。

 (3)はダイナレスラーリクルートする効果
 手札コスト《おろかな副葬》などで墓地へ送ることで能動的に利用できる。
 《ダイナレスラー・システゴ》リクルートすればあちらの効果サーチでき、アドバンテージを稼げる。

  • カード名は「アメリカンプロレスのよくある団体名」のパロディと思われる。
    アメリカのプロレス団体は「レスリング(Wrestling)」を含む3つの単語からなる団体名を持つことが多い。
    例えば、世界最大のプロレス団体とも言われる「WWE」は、「ワールド・レスリング・エンターテインメント」の略である。
  • アニメ版では(3)の効果は無かった。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ワールド・ダイナ・レスリング》 魔法 フィールド魔法

広告