《ワイトメア/Wightmare》

効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻 300/守 200
このカードのカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。
また、このカードを手札から捨てて以下の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●ゲームから除外されている
自分の「ワイト」または「ワイトメア」1体を選択して自分の墓地に戻す。
●ゲームから除外されている
自分の「ワイト夫人」または「ワイトキング」1体を選択してフィールド上に特殊召喚する。

 STARSTRIKE BLASTで登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 墓地《ワイト》として扱う効果と、自身を手札から捨てることで除外された「ワイト」を操作する起動効果を持つ。

 墓地《ワイト》として扱う効果を持つため、《ワイトキング》効果に貢献できる。
 低ステータスだが手札から直接墓地へ捨てることができるため、序盤でなければ腐ることも少ない。

 自身を手札から捨てることで、【ワイト】にとって有用な二つの効果を持っている。

  1. 除外された《ワイト》・《ワイトメア》を墓地に戻す効果
    《ワイト》・《ワイトメア》はフィールド上では弱小モンスターにすぎず、《ワイトキング》攻撃力上昇のために墓地に存在していた方が良い。
    墓地に戻った「ワイト」と、手札から捨てるこのカードとで、2000ポイントの《ワイトキング》自己強化を即座に行うことができる。

  2. 除外された《ワイトキング》《ワイト夫人》帰還させる効果
    《ワイトキング》《ワイト夫人》モンスター効果フィールドで発揮するものであり、こちらは特殊召喚の方が強力である。
    《ワイトキング》を大量に並べて勝負を決めるか、《ワイト夫人》耐性で堅実に行くかを自由に選べる。

 除外手段には、《ワイトキング》自己再生《ワイトプリンス》コストの他、汎用性の高い《闇の誘惑》《封印の黄金櫃》が有力。
 《ワイトキング》《奈落の落とし穴》を受けた場合のリカバリーにも使える。
 《ゴブリンゾンビ》《ダーク・バースト》により手札に加えやすいという点も長所の一つ。

  • イラストでは、貴族風のワイトがお茶を楽しんでいる。
    ただ、マスターガイド3によると飲んでもすぐ漏れてしまい(骨だけだから)、哀しい気分になるらしい。
    また、《ワイトメア》が視線を向けている先には《骨ネズミ》がいる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vs片桐大介」戦において遊馬が使用した罠カード《埋葬混乱−バリー・パニック》のイラストに、多数の《ワイト》と共に描かれている。

関連カード

イラスト関連

―《ワイトメア》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:手札を捨てて発動する効果は相手ターンでも使用できますか?
A:いいえ、起動効果のため発動できません。(10/07/21)

Q:《ワイト》・《ワイトメア》・《ワイトキング》《ワイト夫人》が1体も除外されていない時に、このカードを手札から捨てることはできますか?
A:空撃ちに相当するため、できません。(10/08/04)


Tag: 《ワイトメア》 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 アンデット族 攻300 守200

広告