《ワンショット・キャノン/Turbo Cannon》

シンクロ・効果モンスター
星3/炎属性/機械族/攻   0/守   0
「ワンショット・ロケット」+チューナー以外のモンスター1体
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して破壊し、
そのコントローラーに破壊したモンスターの攻撃力の半分のダメージを与える。 

 ANCIENT PROPHECYで登場した炎属性機械族シンクロモンスター
 フィールド上の表側表示モンスター破壊し、相手ライフダメージを与える起動効果を持つ。

 1ターンに1度、ノーコストモンスター破壊でき、さらにダメージまで与えることができる強力な効果を持つ。
 しかし、このモンスター自体のステータスが0であるため、アタッカーとしては使えずフォロー無しではまず次のターン戦闘破壊されてしまう。
 複数ターン維持できれば、ボード・アドバンテージライフ・アドバンテージの両方を稼げるが、そもそもこのカード除去できない状態で相手表側表示で出すのは考えにくい。

 また、チューナー《ワンショット・ロケット》が指定されており、《ワンショット・ロケット》レベルが下がっていない限り、シンクロ召喚には必然的にレベル1のモンスターを使うことになる。
 《黄泉ガエル》《スケープ・ゴート》トークンなどを用いればシンクロ召喚は容易ではあるが、そこまで使い勝手の良くない《ワンショット・ロケット》が前提なのが難点である。

 同レベルシンクロモンスターには縛りのない《霞鳥クラウソラス》がおり、あちらは高い守備力を持つため、場持ちはあちらの方が良い。
 また、あちらも効果攻撃力を0にし、他のモンスター攻撃すれば、ほぼこのカードと同じようなダメージが与えられてしまう。
 このカード自体は弱くはないが、やはり《ワンショット・ロケット》が必須な分、《霞鳥クラウソラス》よりも汎用性が劣ってしまうのが難点である。

  • コナミのゲーム作品において―
    PSPソフト「TAG FORCE4」では、ラリーがこのカードシンクロ召喚する際に、ゲームオリジナルの台詞が用意されている。
    口上は「これがみっつめの、サテライトの星!天まで昇れっ!シンクロ召喚!これがオレの切り札だっ!飛び出せ!《ワンショット・キャノン》!」
    DSソフト「WORLD CHAMPIONSHIP2011」では、実質ラリーのような立場で登場しているウェストが使用している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:起動効果です。(09/07/02)

Q:破壊ダメージは同時ですか?
A:はい、同時になります。(09/05/28)

Q:攻撃力の半分のダメージフィールド墓地除外のどちらで判定しますか?
A:モンスターフィールド上に存在している時の効果解決時攻撃力の数値で判定します。(09/12/12)

Q:相手モンスター対象にとりますか
A:対象にとります。(09/05/24)

Q:効果解決時破壊されるモンスターコントロールが移った場合、どちらのプレイヤーダメージを受けますか?
A:その場合、効果解決時にそのモンスターコントロールしていたプレイヤーダメージを受けます。(09/05/28)

Q:《ワンショット・ロケット》レベルが1になっている場合は、レベル2のモンスターを使用してシンクロ召喚できますか?
A:できます。(09/06/24)


Tag: 《ワンショット・キャノン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星3 炎属性 機械族 攻0 守0

広告