《ワンショット・ブースター/Turbo Booster》

効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻   0/守   0
自分がモンスターの召喚に成功したターン、このカードは手札から特殊召喚できる。
また、このカードをリリースして発動できる。
このターン自分のモンスターと戦闘を行った相手モンスター1体を選択して破壊する。

 THE DUELIST GENESISで登場した地属性機械族下級モンスター
 自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果と、戦闘を行った相手モンスター破壊する起動効果を持つ。

 相手モンスター破壊する効果メインフェイズ発動できる起動効果である。
 よって、実質的に戦闘を行った後のメインフェイズ2にのみ発動できる。
 速効性は無いが、高ステータス戦闘破壊耐性を持つモンスターに対する除去カードとなる。
 戦闘破壊トリガーとするリクルーター召喚したターンにこのカード特殊召喚し、リクルーター自爆特攻からモンスターを残しつつ、破壊を狙うことも可能。
 他にも、《収縮》等で返り討ちを食らっても1:1交換に持ち込める。
 しかし、どちらかのモンスター戦闘破壊耐性がない限りは能動的に発動を狙いにくく、使いどころが難しい。
 このモンスターリリースする都合上、このモンスター自爆特攻を行うこともできない。

 このカードが真価を発揮するのは、破壊効果よりもシンクロ召喚機械族融合召喚などの補助である。
 容易に満たせる特殊召喚条件を持ち、攻撃力0なので、《機械複製術》《地獄の暴走召喚》で大量に展開できる。
 《ジャンク・シンクロン》効果レベル2のモンスター蘇生後《ワンショット・ブースター》を特殊召喚、さらに《機械複製術》等を使用すれば、簡単に5体のモンスターフィールドに並び、レベル8までのシンクロモンスターシンクロ召喚できる。
 《ジャンク・デストロイヤー》ならば4枚のカード破壊できる。

 特殊召喚が容易なレベルモンスターのため、レベル1を軸とした【金華猫】にも採用ができる。
 同じ特殊召喚が容易なレベルモンスターとしては、《ジェスター・コンフィ》が存在するが、こちらは手札に2枚以上来ても展開が可能。
 自身の召喚後に特殊召喚を行いランク1のエクシーズ召喚に繋げるのは《ジェスター・コンフィ》にはできない芸当である。
 破壊効果も、《No.54 反骨の闘士ライオンハート》《No.83 ギャラクシー・クィーン》発動の機会を作れる。

  • 「vs牛尾」(2戦目)・「vsボマー」戦では効果リリースされる時、戦闘をするモンスターがこのカードのブースターに乗って突撃する演出をする。
    「vsルドガー」(1戦目)ではブースターを発射しぶつける演出をした。
  • 精霊界で封印されているカードの中にも確認できる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《血の代償》相手ターン召喚した場合、特殊召喚できますか?
A:できません。(08/04/19)

Q:モンスター破壊する効果相手ターンでも発動できますか?
A:起動効果なので不可能です。(08/04/19)

Q:相手モンスター破壊する効果メインフェイズ1で発動することはできますか?
A:いいえ、メインフェイズ2でのみ発動することができます。(08/04/25)

Q:一度のバトルフェイズ中に複数の相手モンスター戦闘を行った場合、任意の相手モンスター1体を選択して破壊できますか?
A:はい、可能です。(08/04/25)

Q:このカードフィールド上に存在してない時に相手モンスター戦闘を行いそのターンメインフェイズ2でこのカード召喚した場合にその相手モンスター破壊する効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(08/07/09)

Q:このカードの効果対象をとる効果ですか?
A:はい、対象をとる効果です。(09/04/05)

Q:相手《ラストバトル!》スタンバイフェイズで発動し、その効果戦闘を行った場合、このカードの効果メインフェイズ1発動することができますか?
A:はい、できます。(10/08/20)


Tag: 《ワンショット・ブースター》 効果モンスター モンスター 星1 地属性 機械族 攻0 守0

広告