《ヴァイロン・オメガ/Vylon Omega》

シンクロ・効果モンスター
星10/光属性/天使族/攻3200/守1900
チューナー2体+チューナー以外の「ヴァイロン」と名のついたモンスター1体
このカードがシンクロ召喚に成功した時、
フィールド上に表側表示で存在する通常召喚されたモンスターを全て破壊する。
1ターンに1度、自分の墓地の「ヴァイロン」と名のついたモンスター1体を選択し、
装備カード扱いとしてこのカードに装備できる。
効果モンスターの効果が発動した時、
このカードに装備された装備カード1枚を墓地へ送る事で、その発動を無効にし破壊する。

 DUEL TERMINAL −オメガの裁き!!−で登場した光属性天使族シンクロモンスター
 シンクロ召喚時に通常召喚されたモンスター破壊する誘発効果墓地ヴァイロンを自身に装備する起動効果、自身に装備されている装備カードコスト相手モンスター効果無効化する誘発即時効果を持つ。

 ヴァイロン切り札たる大型シンクロモンスターであり、シンクロ召喚も一段と難しくなっている。

 ヴァイロンの非チューナーシンクロモンスターを除けばレベル4しか存在しないため、チューナーの組み合わせが限られる。
 チューナーも下級ヴァイロンで統一する場合は現状レベルヴァイロンチューナー2体か、《ヴァイロン・プリズム》《ヴァイロン・テトラ》レベルヴァイロンを揃える必要がある。

 1つ目は、通常召喚されたモンスターへの全体除去効果
 特殊召喚をメインとするデッキでは通常召喚されたモンスターは基本的に多くは並ばないため、大抵はオマケ程度の働きになる。
 一方で、ペンデュラム召喚からアドバンス召喚を行うデッキに対しては、主力である大型モンスターをノーコスト除去できる一手になる。
 自分にも効果が及ぶが、その前にこのカードシンクロ素材になっている可能性が高いので、あまり問題にはならないだろう。

 2つ目は、墓地ヴァイロンを装備する効果
 3つ目の効果と連動しており、実質的にモンスター効果1ターンに1度ノーコスト無効にできる。
 またこの効果のもう一つの利点は、装備カードとなり効果を発揮するヴァイロンを状況に応じて装備できることにある。
 破壊耐性を付与する《ヴァイロン・テトラ》攻撃力を大幅に上昇させる《ヴァイロン・プリズム》装備魔法サルベージできる《ヴァイロン・スフィア》などを適宜装備し、第3の効果と併せて場を支配するのがこのモンスターの基本的な動きとなる。

 3つ目は、装備カードコストモンスター効果無効にし、破壊する効果
 モンスター効果は、現在の環境において多用されており、このカードフィールドに存在することで展開などを抑止できる。
 また、シンクロ素材としたヴァイロンチューナーの多くはそのまま装備カードになるため、シンクロ召喚に成功した時点で実質数回の効果発動が確約される。
 ヴァイロンと名のつく装備魔法サーチ効果を持っているため相性が良く、更に2つ目の効果で自発的に装備カードを増やせるため、モンスター効果を1ターンのうちに複数回無効化することも容易である。
 無効化できるタイミングやモンスター効果に特に制限はなく、あらゆるモンスター効果を問答無用で無効および破壊することができる。

 シンクロ召喚条件がかなり厳しいため、現段階で積極的にシンクロ召喚するならば《静寂のロッド−ケースト》《ヴァイロン・エレメント》《ヴァイロン・エレメント》参照)を使用した大量展開コンボを使用することになるだろう。
 《ヴァイロン・プリズム》《ヴァイロン・テトラ》レベルヴァイロンを並べシンクロ召喚を行えば、素材とした《ヴァイロン・プリズム》《ヴァイロン・テトラ》を装備できる。
 この状態ではモンスター効果を封じる効果に加え、攻撃力4000以上の破壊耐性も有する、かなり強固なモンスターとなる。
 また、サーチした《ヴァイロン・セグメント》を装備することで対象を取る効果も通用しなくなり、極めて高い制圧力を発揮する。
 墓地チューナーが減るものの、素材指定を無視できる《王者の調和》を使って出すのも手だろう。
 チューナーに指定は無いので、《グローアップ・バルブ》《ジェット・シンクロン》《ゾンビキャリア》等の特殊召喚し易いチューナーを用意し、レベル7・8のヴァイロンシンクロモンスターを素材に出すという手も無くはない。

  • 「オメガ(Omega)」については《デモニック・モーター・Ω》を参照。
    イラストを見ると、大文字の「Ω」を象った装飾が確認でき、ボディは小文字の「ω」の形をしている。
    胴体にはXX(トゥエンティ)のローマ数字が書かれている。
    ただし、「オメガ」はギリシャ文字の伝統的な配列では24番目に該当しており、丁度《ヴァイロン・デルタ》に記されているIV(フォー)の分だけ不足している。
    一方、タロットの大アルカナのXX(トゥエンティ)「審判(Judgement)」であり、収録されたエキスパンションのタイトルを思わせる。
    また、このタロットカードは新約聖書の神による「最後の審判」がモチーフとされており、ストーリーの流れから考えるとこれが由来である可能性が高い。
  • 新約聖書の「ヨハネの黙示録」では、神である主が「私はアルファであり、オメガである」と言ったとする記述がある。
    下記の通り《ヴァイロン・アルファ》とこのモンスターは「機械仕掛けの神」と称されており、これがモチーフとなったとも考えられる。
    なお、このカードを用いる隠しデッキの説明文では、ヴァイロン(カミ)というルビが存在する。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINAL第11弾では、ゲームオーバーの画面に登場する。
    また、アクションデュエルにおけるミニゲーム「オメガの裁き!!」では、プレイヤーの操作キャラクターとして登場。
    ジャッジメント・パワーを集積し、レーザーで襲い来るインヴェルズを撃退する。
    最後の敵を撃破した場合、MCが勝手に攻撃名を名付けている。
    攻撃名は「裁きの雷」。
    さらに、《ヴァイロン・アルファ》と共に隠しデッキ機械仕掛けの神(デウス・エクス・マキナ)」の解禁条件となっている。
    デッキの解説覧にはDT11時点での対インヴェルズ戦役の情勢と、ヴァイロンの策謀が語られている。
  • なお、「デウス・エクス・マキナ(Deus ex machina)」とは「紛糾した事態を円満に解決する役割を持つ人物を登場させる」という古代ギリシャで生まれた演劇の演出技法の一つ。
    ギリシャ語で「機械仕掛けの神」を意味する言葉で、神を演じる役者が上方から機械仕掛けで舞台に降り立つことで神々しさを演出するため、この名が与えられている。
    絶対的な力を持つ神を登場させ、混乱した物語を円満に解決して強引に大団円に導く手法であり、好ましくない解決方法とされることが多い。
    転じて「作為的な大団円」、もっと言えば「拡がりすぎた風呂敷を無理やり畳むためのご都合主義的存在」という意味でも使われる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果の種別は何ですか?
A:通常召喚されたモンスターを破壊する効果は誘発効果です。
  ヴァイロン装備カードにする効果は起動効果モンスター効果の発動と効果を無効にする効果は誘発即時効果となります。(13/06/23)

Q:装備されている装備魔法墓地へ送るのはコストですか?
A:はい、コストです。(11/12/25)

Q:通常召喚されたモンスター《月の書》によってセットされその後表側表示になった状態の場合、このモンスターは1つ目の効果破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(10/12/12)

Q:通常召喚されたモンスター《亜空間物質転送装置》によって除外されその後フィールド上に戻った状態の場合、このモンスターは1つ目の効果破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(10/12/12)

Q:特殊召喚されたデュアルモンスター再度召喚を行った場合、そのモンスターはこのカードの効果破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(10/12/12)

Q:このカードヴァイロンを装備する効果発動無効にする効果発動チェーンしてこのカード自身の発動無効にする効果をさらに発動する事はできますか?
A:はい、自身の効果チェーンして発動することができます。(13/11/17)

Q:装備カード1枚をコストにして、モンスター効果の発動無効にして破壊する効果は、対象をとりますか?
A:いいえ、対象をとる効果ではありません。(11/02/24)

Q:装備カード1枚をコストにして、モンスター効果の発動無効にして破壊する効果は、ダメージステップでも発動できますか?
A:はい、できます。(11/04/17)

Q:このカードの効果で装備したカード《ヴァイロン・スティグマ》で別のモンスターに移せますか?
A:いいえ、移すことはできません。(11/05/14)

Q:このカードの効果で装備した《ヴァイロン・テトラ》効果は適用できますか?
A:はい、できます。(11/08/27)


Tag: 《ヴァイロン・オメガ》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星10 光属性 天使族 攻3200 守1900 ヴァイロン

広告