《ヴァレット・トレーサー》

チューナー・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、デッキから「ヴァレット・トレーサー」以外の
「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 ストラクチャーデッキ−リボルバー−で登場する闇属性ドラゴン族下級モンスターチューナー
 自分フィールド表側表示カード1枚を破壊し、同名カード以外のヴァレット1体をリクルートする効果を持つ。

 表側表示カード1枚を破壊するが、ヴァレットリクルートすることができる。
 基本的には自身以外を破壊し、リクルートしたヴァレットシンクロ召喚リンク召喚エクシーズ召喚につなぎたいところ。
 ヴァレットレベル1〜4まで存在するため、レベル5〜8のシンクロ召喚ランク4のエクシーズ召喚リンク2のリンク召喚が可能。
 エクストラデッキから特殊召喚できるものが闇属性に限定されるが、該当するモンスターは多岐にわたるため、予め対応したエクストラデッキを組んでおけば選択肢には困らない。

 破壊するカードとしては、無意味に残った表側表示魔法・罠カードや、破壊された場合に効果を発揮するヴァレットが狙い目となる。
 フリーチェーン発動できるという点を利用し、魔法・罠カード発動チェーンしてこのカードでそのカード破壊するという動きで実質消費なしで展開するという動きも可能。
 守護竜リンクモンスターで呼び出してそのモンスター破壊し、リクルートしたモンスターと合せてドラゴン族以外の闇属性モンスターに繋ぐということも可能。

 自身を対象とすれば単体でも発動でき、能動的且つ即座にリクルートできるのでトポロジック等のトリガー役としても有用。
 《ヴァレル・リロード》とは相性が良く、自身を含めた装備モンスター破壊する事でリクルートドローアドバンテージとなる。
 フリーチェーンなので除外バウンスに対するサクリファイス・エスケープにも使えるが、その場合このカードが先に狙われるので牽制に近いか。

 フリーチェーンという点も含め【ユベル】等の能動的に効果破壊したいデッキとも相性が良い。
 また、効果を無視して《クイック・リボルブ》リクルート可能なレベル4・闇属性ドラゴン族チューナーとして使うのも良い。
 高レベルシンクロ召喚を行いたい【ドラゴン族】ではセットで出張採用する事も検討できる。

  • ヴァレットである事から、この場合の「トレーサー」とは、発光体を内蔵し発射後の軌跡がわかる特殊な弾丸の「曳光弾(えいこうだん・tracer ammunition)」だろう。
    (1)は対象撃ち抜くと共に曳光弾からの光の線でヴァレット導く、というデザインなのだろう。
    「トレーサー」自体は英語で「追跡する者」の意味になる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ヴァレット・トレーサー》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 ドラゴン族 攻1600 守1000 ヴァレット

広告