《ヴァレルエンド・ドラゴン》

リンク・効果モンスター
リンク5/闇属性/ドラゴン族/攻3500
【リンクマーカー:上/左/右/左下/右下】
効果モンスター3体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードは戦闘・効果では破壊されず、
モンスターの効果の対象にならない。
(2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
(3):フィールドの効果モンスター1体と自分の墓地の
「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。
対象のフィールドのモンスターの効果を無効にし、
対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 LEGENDARY GOLD BOXで登場した闇属性ドラゴン族リンクモンスター
 破壊耐性モンスター効果限定の対象耐性を持つ永続効果全体攻撃できる永続効果効果モンスター効果無効にし、ヴァレットモンスター蘇生する誘発即時効果を持つ。

 (1)は戦闘効果破壊されず、モンスター効果対象にならない耐性効果
 強固な耐性だが、魔法・罠カードによる破壊ではない効果までは防げず、《大捕り物》などに注意が必要となる。

 (2)は全体攻撃できる効果
 攻撃力も3500と高く、効果破壊されにくいため、アタッカーとなる。

 (3)は効果モンスター効果無効にし、ヴァレットモンスター蘇生する効果
 相手チェーンされることなく、フリーチェーン効果無効にしつつ、蘇生アドバンテージも稼げる。

 (3)で自分フィールドヴァレット・ドラゴン対象にすれば、ヴァレット・ドラゴンの共通条件で発動する効果トリガーになる。
 ただしこの場合、対象モンスター効果無効にしていないため、蘇生も行えない。
 この効果一連の効果であり、同じ状況で2回攻撃効果を得ることのできる《ヴァレルソード・ドラゴン》の(2)の効果と異なるため混同しないようにしたい。

 墓地ヴァレットモンスター対象にとる必要があるため、【ヴァレット】以外に採用する場合は(1)(2)がメインとなる。
 (3)を使いたいのならばヴァレットも併用する必要がある。

 (1)(3)の併用により強固なモンスターだが、対象耐性を持つモンスターは(3)で妨害できないので苦手。
 特に《双穹の騎士アストラム》は単体ではどうやっても突破できず、戦闘破壊はされずとも3000の戦闘ダメージを受け続ける。
 他のカードであちらを除去しても墓地へ送った場合はあちらの(3)でこのカード除去されてしまう。
 もっとも、自分ターンに出して攻撃するなら他のリンクモンスターを使い分ければ良く、相手ターンなら素材となるモンスターを並べる過程を(3)で妨害できるため、直接戦うことはさほどない。

 同じヴァレルリンクモンスター《ヴァレルロード・ドラゴン》相手ターン攻撃を受けた場合にコントロール奪取される恐れがあるが、自分ターンでは(1)の耐性により弱体化もされずに一方的に戦闘破壊できる。

関連カード

収録パック等

FAQ

(3)の効果について

Q:自分フィールド《アネスヴァレット・ドラゴン》墓地ヴァレットモンスター対象に《ヴァレルエンド・ドラゴン》の(3)の効果発動しました。
  これに対象となった自分フィールド《アネスヴァレット・ドラゴン》の(1)の効果チェーンした場合、《ヴァレルエンド・ドラゴン》の(3)の効果はどのように効果処理を行いますか?
A:ご質問の場合、《ヴァレルエンド・ドラゴン》の効果処理時対象とした《アネスヴァレット・ドラゴン》フィールドに存在しておらず、効果無効にする処理を行えません。
  そのため対象とした墓地ヴァレットモンスター特殊召喚する処理は適用されません。(19/12/21)


Tag: 《ヴァレルエンド・ドラゴン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク5 闇属性 ドラゴン族 攻3500 ヴァレル

広告