《ヴァレルソード・ドラゴン/Borrelsword Dragon》

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000
【リンクマーカー:上/左/左下/下】
効果モンスター3体以上
(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示にする。
このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、
そのモンスターの攻撃力は半分になる。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した闇属性ドラゴン族リンクモンスター
 戦闘破壊されない永続効果フィールド攻撃表示モンスター守備表示にし2回攻撃できる誘発即時効果表側表示モンスターへの攻撃宣言時に攻撃対象攻撃力の半分だけ自己強化攻撃対象攻撃力を半分にする誘発効果を持つ。

 リンク素材の指定は《ヴァレルロード・ドラゴン》と同様。
 リンクマーカーは一つが上方向を向いており、エクストラモンスターゾーンに展開すると相手リンク先を提供してしまう。
 一方で、メインモンスターゾーンに展開すると使用できるリンクマーカーが減ってしまうのは難点。

 (1)は戦闘破壊への耐性
 攻撃力3000以上と遭遇することも少なくない昨今の環境では有用。
 《オネスト》などによる返り討ちも防げる。

 (2)はモンスター守備表示にし、2回攻撃能力を得る効果
 モンスター守備表示にする効果お互いターンで使用できる。
 自分ターンでなら守備力の低い相手モンスターに対して使用し、戦闘補助にできる。
 相手ターンでなら攻撃モンスター守備表示にし、攻撃の妨害も可能。
 ヴァレット対象とすることでフリーチェーンでその効果を利用することもできる。

 さらに2回攻撃まで得られ、(3)の自己強化効果も相まって大ダメージを狙えるが、相手モンスター守備表示にしてしまうとダメージが減りがちである。
 加えてリンクモンスター対象にできないので、確実に2回攻撃をするなら自分モンスター対象にするようにしたい。
 相手モンスター守備表示にする場合は貫通効果を付与するのもよい。

 (3)は、このカード攻撃宣言時に戦闘を行う表側表示モンスター攻撃力の半分だけ自己強化し、相手モンスター攻撃力を半減させる効果
 《フォース》《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》などと同様、このカード攻撃力分のダメージを与えられることになる。
 上記のカードとは効果の挙動が若干異なり、先に攻撃力アップを行うため「効果を受けない耐性を持っているモンスター戦闘する場合でも攻撃力をアップできる。
 また、《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》と異なり(2)の2回攻撃があるため、高攻撃力モンスターから攻撃力を奪い2回目で大ダメージを狙うことが可能。
 相手フィールド攻撃力4000のモンスターが1体しかいなければ、3000+5000の戦闘ダメージ1ターンキルも狙える。

 全ての効果戦闘に結び付いており、かなり攻撃的なリンクモンスターであると言える。
 前述の通り、(2)(3)の効果によりこのカード攻撃だけでも大きな戦闘ダメージを見込めるため、フィニッシャーとしての活躍が期待できる。

  • 攻撃時には頭部両側面の飾りが閉じて合わさり、巨大な剣のようになる演出が見られる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(3)の効果について

Q:(3)の効果処理時に、攻撃対象となった相手モンスター裏側守備表示になっている場合、処理はどうなりますか?
A:攻撃力がアップする処理、攻撃力が半分になる処理いずれも適用されません。(18/04/26)


Tag: 《ヴァレルソード・ドラゴン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク4 闇属性 ドラゴン族 攻3000 ヴァレル

広告