《ヴァレルロード・(サベージ)・ドラゴン》

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地からリンクモンスター1体を選び、
装備カード扱いとしてこのカードに装備し、
そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の半分アップする。
(3):相手の効果が発動した時、このカードのヴァレルカウンターを1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にする。

 SAVAGE STRIKEで登場した闇属性ドラゴン族シンクロモンスター
 シンクロ召喚に成功した場合に墓地リンクモンスター装備カードにしてそのリンクマーカーの数だけヴァレルカウンターを置く誘発効果装備カード攻撃力の半分だけ自己強化する永続効果ヴァレルカウンターコスト効果の発動無効にできる誘発即時効果を持つ。

 (1)は墓地からリンクモンスター装備カードとし、そのリンク数だけヴァレルカウンターを置く効果
 この効果を使わなければ(2)、(3)の効果は意味をなさないので、必然的に、リンクモンスター墓地に必須となる。
 なお、装備するリンクモンスター効果処理時に選択するので、墓地に複数のリンクモンスターが存在するなら《D.D.クロウ》での妨害を最小限に抑える事ができる。

 (2)は装備カード攻撃力の半分を自身に加える効果
 リンクモンスター攻撃力の最大値は《トポロジック・ボマー・ドラゴン》などの3000であり、それらを装備させれば攻撃力は4500に達する。

 (3)はヴァレルカウンターコストとする無効効果
 1ターンに1度しか使えないが、あらゆる効果の発動に対応する。
 また、発動無効にするのでダメージステップにも発動可能。
 (2)の攻撃力と合わせて高い制圧力を期待できる。
 ただし、(1)の効果適用できなければ使えないので、シンクロ召喚成功時発動される効果等、隙もある。

 高攻撃力・高リンクリンクモンスター装備するほど性能は向上する。
 だが、これほど制圧力の高いモンスター相手も優先して処理してくる事が予想される。
 相手に処理されるにせよ、このカードの制圧力を活かしてその前に勝利するにせよ、長いターンを維持する事は考えにくい。
 攻撃力に関しても同様で、3000より上と言うだけで十分な高さであり、必要以上に高い攻撃力を狙ってもリターンは小さい。
 そのため、無理に高攻撃力リンクモンスター装備を狙う必要はなく、それらをリンク召喚するための繋ぎとして出したリンクモンスター装備するだけでも、十分な性能を得られる。
 もちろん、デュエル後半など、高攻撃力リンクモンスター装備を無理なく狙える状況なら、それに越した事はない。

 他のレベルシンクロモンスターと比較しても制圧力は抜きん出ている。
 しかし、シンクロ召喚する前にリンクモンスターを用意する必要がある点は劣る。
 《ゲール・ドグラ》《おろかな重葬》などでエクストラデッキから直接リンクモンスター墓地へ送る事もできるが、ディスアドバンテージを考えるとあまり有用とは言えない。
 連続リンク召喚後にさらにシンクロ召喚を狙えるような、展開力の高いデッキでの使用が望ましいだろう。

 また、高い制圧能力もあくまでも効果適用された後の話であり、直接(1)の効果を妨害されると一切の効果が封じられる。
 汎用性の高い手札誘発だけでも《エフェクト・ヴェーラー》《幽鬼うさぎ》等が存在し、特に後者はこのカードまで失われてしまうので天敵となる。
 相手からすればマストカウンターが見極めやすいとも言えるので、このカードだけで制圧を狙う場合はそのあたりにも気を付けたい。 

  • シンクロ召喚時は、まず胸部のシリンダー部分が生成され、その後に周囲のドラゴン部分が生成される演出だった。
    また、ヴァレルカウンターを乗せる際にはシリンダー部分にカウンターと同じ数の光弾が装着される演出となっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ヴァレルロード・S・ドラゴン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守2500

広告