《ヴァレルロード・(エクスチャージ)・ドラゴン》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
ドラゴン族・闇属性レベル4モンスター×2
(1):X召喚したこのカードは他のモンスターの効果の対象にならない。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は600ダウンする。
その後、自分の墓地から「ヴァレル」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できず、直接攻撃できない。

 RISING RAMPAGEで登場した闇属性ドラゴン族エクシーズモンスター
 他のモンスター効果の対象にならない永続効果フィールドモンスター弱体化し、その後ヴァレル蘇生できる起動効果を持つ。

 エクシーズ素材闇属性ドラゴン族と二重の縛りがあるので採用できるデッキはやや限られる。
 簡単にエクシーズ召喚する方法としては、《レスキューラビット》通常モンスター2体をリクルートする、《ホワイトローズ・ドラゴン》《ブルーローズ・ドラゴン》蘇生する、《覇王眷竜ダークヴルム》自己再生効果を使う、《ゲートウェイ・ドラゴン》手札から展開する等がある。
 【ヴァレット】は該当するモンスターを採用しやすく、(2)のヴァレルに関する効果とも関係が深いので相性が良い。
 闇属性ランクエクシーズモンスター《RUM−幻影騎士団ラウンチ》を使用することでも出せるが、消費を考えれば正規の方法でエクシーズ召喚した方が楽だろう。

 (1)は他のモンスター効果の対象にならない耐性
 自身の効果の対象には取れるので、他にモンスターがいない場合でも(2)を発動できる。

 (2)はフィールドモンスター弱体化し、その後ヴァレル蘇生できる効果
 蘇生できるモンスターが居なくとも、弱体化により実質攻撃力3600として運用できる。
 もっとも、攻撃力だけで言えば《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》など、より高い打点を期待できるものがあるため、ヴァレル蘇生できる点を活かしたい。
 ヴァレルの殆どは攻撃力3000と高い打点を持つので、自身と合わせれば6000以上の攻撃力が期待できる。
 ただし蘇生したヴァレルは1ターンしか維持できず、効果発動後は展開制限と直接攻撃不可の制約がかかるので、基本的に戦闘破壊できるモンスターが複数存在する時に使いたい。

 ヴァレルの中でもこの蘇生と相性が良いものはやや限られるので、基本的には《ヴァレルソード・ドラゴン》《ヴァレルロード・ドラゴン》《ヴァレルロード・F・ドラゴン》のどれかを出したい。
 それぞれ2回攻撃コントロール奪取除去により相手モンスターを減らしやすい性能を持つため、相手モンスターの数が多ければ有用な巻き返し手段となる一方、少ない場合は直接攻撃不可の制約がネックとなる。
 そのターン中に勝負を決める場合は、このカードによる相手モンスター弱体化《ヴァレルソード・ドラゴン》自己強化を上手く組み合わせると良い。
 返しのターンの事を考えるのならば、《ヴァレルロード・ドラゴン》で奪ったモンスターで戦線を維持する事を意識すると良いか。
 また、《ヴァレルロード・F・ドラゴン》は自身を対象発動することで除外デメリットを回避できる。

  • エクシーズ召喚時の口上は、「天翔ける雄々しき轟。二つの雷鳴となり交わりし時、十万億土の扉開き、その力を現す!エクシーズ召喚!現れろ、ランク4!《ヴァレルロード・X・ドラゴン》!」
  • リボルバーは同名カード相手フィールド特殊召喚できる《エストレインジメント・ドラゴン》と併用することで直接攻撃不可の制約をフォローしており、攻撃が全て通れば勝利できる盤面を作り上げていた。
    しかし、ライトニングが仁とスペクターを人質に取ったため、そのターンは勝負を決められずエンド宣言している。
    なお、その後ボーマンが人質となっていた2人の意識プログラムを取り上げた事で人質の問題は解決した。

関連カード

エクシーズ素材にできるドラゴン族闇属性レベルモンスター

通常モンスター

効果モンスター

特殊召喚モンスター

儀式モンスター

融合モンスター

シンクロモンスター

―自身の効果レベル4・ドラゴン族闇属性になれるモンスター

収録パック等


Tag: 《ヴァレルロード・X・ドラゴン》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク4 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 ヴァレル

広告