《ヴァンパイア・ドラゴン/Vampire Dragon》

効果モンスター
星5/闇属性/アンデット族/攻2400/守   0
アドバンス召喚したこのカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
デッキからレベル4以下のモンスター1体を手札に加える事ができる。

 EXTRA PACK 2012で登場した闇属性アンデット族上級モンスター
 アドバンス召喚した自身が墓地へ送られた時、下級モンスターサーチする誘発効果を持つ。

 サーチ範囲はレベル4以下と広いものの、アドバンス召喚してさらに墓地へ送られた時と、アドバンテージを失うことが多い。
 更に任意効果であるためコストアドバンス召喚によるリリースシンクロ召喚墓地へ送った場合はタイミングを逃す

 アンデット族上級モンスターとしては既に《茫漠の死者》が、同じ攻撃力としても《龍骨鬼》《邪神機−獄炎》が存在している。
 エクシーズ召喚等に繋ぐならまだしも、《ピラミッド・タートル》で単体をリクルートする意義は薄いと言える。
 サーチ効果【アンデット族】に関して言えば《ゴブリンゾンビ》で大体のモンスターサーチできる点は留意しておきたい。

 召喚制限の無いヴァンパイアの中では元々の攻撃力が最も高いため、【ヴァンパイア】ならばアタッカーとしての運用が可能。
 《ヴァンパイア帝国》適用下では攻撃力2900となり、効果は無視していざという時に《ピラミッド・タートル》から呼び出せるヴァンパイアの選択肢となる。
 また、レベル5なので《シャドウ・ヴァンパイア》から特殊召喚してエクシーズ召喚を狙う際にも候補となる。

 闇属性アンデット族守備力0ということで《ゴブリンゾンビ》《悪夢再び》に対応しているため手札には加えやすい。
 リリースさえ用意できればアドバンス召喚に繋ぐのはそう難しくなく、《帝王の烈旋》による奇襲も狙えるだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:アドバンス召喚に成功したこのカード《月の書》などで裏側表示にされ、その後フィールド上から墓地へ送られた時でも発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/10/13)

Q:アドバンス召喚に成功したこのカード《亜空間物質転送装置》除外されフィールド上に戻った後にフィールド上から墓地へ送られた時でも発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/10/13)

Q:ダメージステップ中にこのカードがフィールド上から墓地へ送られた時でも発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/10/13)


Tag: 《ヴァンパイア・ドラゴン》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 アンデット族 攻2400 守0 ヴァンパイア

広告