《ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア/Vampire Vamp》

効果モンスター
星7/闇属性/アンデット族/攻2000/守2000
(1):このカードが召喚に成功した時、
または自分フィールドに「ヴァンパイア」モンスターが召喚された時に、
このカードより攻撃力が高い相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(3):このカードの効果で装備カードを装備したこのカードが墓地へ送られた場合に発動する。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 EXTRA PACK −KNIGHTS OF ORDER−で登場した闇属性アンデット族最上級モンスター
 相手モンスターを装備する起動効果、自身の効果で装備したモンスター攻撃力分だけ自身の攻撃力強化する永続効果、その状態で墓地へ送られた時に自己再生する誘発効果を持つ。

 攻撃力は低いものの、(1)の効果モンスター装備すれば、(2)の効果によりそれを補える。
 元々の攻撃力のままのモンスターを奪っていれば攻撃力は4000を超える事になる。
 相手モンスター除去しているため、戦闘ダメージも期待できる。

 更に、(3)の効果により自己再生が可能であり、除去に対しても強い。
 ただし、装備カードが外れて攻撃力が戻ってしまうため戦闘破壊される可能性は高い。
 他にヴァンパイア召喚すれば再び装備カード効果が使え、強化自己再生が可能になるものの、大抵は相手の除去を受けた後なので自分ターンまで維持できるかは怪しい。
 なるべく《ヴァンパイア帝国》等で補助しておきたい所。

 最上級モンスターではあるが、《ヴァンパイア・ソーサラー》効果リリース無しで召喚できる。
 《ヴァンパイア・ソーサラー》戦闘破壊したモンスター攻撃力が2000以上なら、このカードサーチする事で返しのターンの反撃に繋ぐことができるため、相性は抜群。
 アンデット族の豊富な蘇生カード群でこのカード特殊召喚し、他のヴァンパイア召喚するのも良いだろう。

 なお、モンスター装備カード化する効果フィールドから離せば再度使用可能になる。
 自身を召喚後に装備カード効果を使用した後に自ら除去し、自己再生させた後、《二重召喚》などで他のヴァンパイア召喚することで再び装備カード効果を使える。

 《連撃の帝王》相手ターンアドバンス召喚し、相手モンスター装備カード化することもできる。
 墓地へ送る除去ではないため、相手の展開を狂わせることもできる。

  • 「ヴァンプ(Vamp)」は、「Vampire(ヴァンパイア)の短縮形」「靴の爪先部分」の他に「妖艶な女性」という意味もある。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードとこのカード装備カード《ゴッドバードアタック》効果で同時に破壊され墓地へ送られた場合、(3)の効果発動しますか?
A:はい、発動します。(14/09/13)

Q:(1)の効果解決時対象モンスター裏側表示になった場合でも、装備カードにする効果適用されますか?
A:はい、適用され裏側表示のまま装備カードになりますが、(2)の効果適用されず攻撃力はアップしません。(14/09/20)


Tag: 《ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア》 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 アンデット族 攻2000 守2000 ヴァンパイア

広告