《ヴィクティム・カウンター/Gemini Counter》

カウンター罠
自分フィールド上に表側表示で存在する
デュアルモンスター1体を裏側守備表示にし、
相手の魔法カードの発動を無効にし破壊する。

 STARDUST OVERDRIVEで登場したカウンター罠
 魔法カード発動無効にして破壊する効果を持つ。

 魔法カードしか防げないが、デュアルモンスター裏側表示にするだけなのでボード・アドバンテージを失わない点が強み。
 表側表示で真価を発揮するデュアルにとって、表側表示を対象にする魔法カードは弱点になりうるため、採用するのも悪くはない。

 ただし、裏側表示にする事で再度召喚状態も解けてしまう。
 1:1交換になるものの、通常召喚権を消費してまで得た効果を失ってしまってはノーコストとは言えない。
 一応、効果使用後の《ダーク・ヴァルキリア》であれば、再び再度召喚することで効果を使用できるようになるので相性はいい。
 元々再度召喚する意味の薄い《E・HERO アナザー・ネオス》を使用したり、《スーペルヴィス》を用意しておくのも手だろう。

  • 「ヴィクティム(victim)」とは「犠牲者」の意味で、《スターダスト・ドラゴン》効果名「ヴィクテム・サンクチュアリ」にも使われている。
    「(神への)生け贄」という宗教的な意味もあるためか、英語名は「Gemini Counter」となった。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:裏側守備表示にするデュアルモンスターを対象にとりますか?
A:はい、対象にとります。(09/07/25)

Q:裏側守備表示化は効果処理ですか?
  魔法カード発動無効にし破壊するのと同時扱いですか?
A:効果解決時に、裏側守備表示とします。
  また、裏側守備表示化の後に破壊するという順に処理を行います。(12/03/02)

Q:自分フィールドデュアルモンスター攻撃対象となった戦闘ダメージ計算時相手《禁じられた聖典》発動したので、
  このカード発動して攻撃対象となったデュアルモンスター裏側守備表示にし、その発動無効にしました。
  ダメージ計算時攻撃対象となったモンスター裏側守備表示になっていますが、この後の戦闘の流れはどうなりますか?
A:攻撃対象となったモンスター表側守備表示にしてダメージ計算を行います。(16/03/18)


Tag: 《ヴィクティム・カウンター》 カウンター罠

広告