《ヴェルズ・アザトホース/Evilswarm Azzathoth》

効果モンスター
星4/闇属性/爬虫類族/攻 750/守1950
リバース:フィールド上の特殊召喚された
モンスター1体を選択して持ち主のデッキに戻す。

 DUEL TERMINAL −破滅の邪龍 ウロボロス!!−で登場した闇属性爬虫類族下級リバースモンスター
 リバースした場合に特殊召喚されたモンスター1体をデッキ戻す誘発効果を持つ。

 モンスター特殊召喚される状況は多く、効果を活かせる機会は多い。
 デッキ戻す除去なので、破壊耐性も突破しやすい。

 守備力下級モンスターとしては高い数値であり、下級モンスター相手なら生き残りつつ効果を発揮できる。
 しかし同程度のステータスではリバース時に除去するなら守備力が高い《墓守の番兵》戦闘を経由する場合は《伝説の柔術家》が存在するため、能動的にリバースさせる手段は欲しい。
 【ヴェルズ】における除去では《ヴェルズ・オランタ》の方が確実性で勝る。

 ただ爬虫類族という点で差別化は可能。
 《キングレムリン》サーチする事が可能であり、【ヴェルズ】では希少なモンスター供給手段となる。
 単純なカード・アドバンテージ面では《ヴェルズ・オピオン》で専用魔法・罠カードサーチしたほうが効率は良い。
 しかしながらその専用サポートカードである《侵略の侵喰感染》を採用する事で、このカードは任意のヴェルズモンスターと入れ替えられるようになる。
 《ヴェルズ・ケルキオン》を安定して利用できるようになる上、デッキ戻すという性質上このカードピン挿しでも不都合がない。
 墓地にある場合でも、《ヴェルズ・ケルキオン》サルベージしたものを《侵略の侵喰感染》で入れ替えてしまえば良いので、《キングレムリン》腐る心配も少ない。

 コンボが行えずとも、《ヴェルズ・カストル》《ヴェルズ・マンドラゴ》と並べてエクシーズ素材としたり、いざという時は効果で大型モンスターを道連れにできるので、使い勝手はそう悪くない。
 また闇属性指定や3体素材のエクシーズ召喚に特化する場合は、《カゲトカゲ》とも《キングレムリン》を共有できる。

  • 海外版では中央の口が規制され、塗りつぶされている。
  • 「アザトホース、アザトース(Azathoth)」とは、クトゥルフ神話に登場する架空の神性の一柱。
    アメリカの小説家、ラブクラフトが作り上げた神話体系において中心に座する知性も魂も持たない邪神とされ、「万物の王である盲目にして白痴の神」等の異名を持つ。
    宇宙の創世はアザトホースによって引き起こされた単なる現象に過ぎず、即ち此の世界はアザトホースの見る夢に過ぎないとも言われている。
    クトゥルフ神話の最高位に近い邪神達を生み出した、いわば最高神とも言える存在である。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ヴェルズ・アザトホース》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 爬虫類族 攻750 守1950 ヴェルズ

広告