《ヴェンデット・デイブレイク/Vendread Daybreak》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手フィールドのカードの数が自分フィールドのカードより多い場合に発動できる。
自分フィールドの儀式召喚した「ヴェンデット」モンスター1体を選び、
そのカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
その「ヴェンデット」モンスターはフィールドに表側表示で存在する限り、直接攻撃できない。

 EXTRA PACK 2018で登場した通常罠
 儀式召喚したヴェンデット1体の直接攻撃を永続的に封じる代わりに、それ以外のフィールドのカードを全て破壊する効果を持つ。

 発動条件と自身のモンスターを巻き込むことから劣勢からの切り返しが主な役割となる。
 ヴェンデット儀式召喚を軸とするため対象となるモンスターを用意するのは難しくない。
 しかし、相手依存というのがネックであり、フィールドにこのカードヴェンデット儀式モンスターだけの状況でも相手カードを3枚必要とする。
 劣勢時では制圧されている状況も少なくないため、相手がこのカードを素直に通してくれるとも考えづらい。
 また、残ったモンスター直接攻撃が封じられるためヴェンデット儀式モンスター攻撃力が活かしづらくなる。
 後から出したモンスター攻撃できるため、対象にしたモンスター儀式召喚リリースに充てて早々にフィールドから離しておきたい。

 フリーチェーンであることを活かして相手が展開をしたところに撃つのも悪くない。
 とはいえ、相手依存のこのカードを複数枚採用すると手札事故の危険性も上がるため採用枚数はよく考えておきたい。

  • 「Daybreak」は英語で「夜明け」の意味。
  • 「夜明け」はつまり「の終わり」である。
    同弾で登場した悪夢の終わり、更にはカテゴリ全体のテーマとなっている復讐の終わり、というニュアンスも含まれているのだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ヴェンデット・デイブレイク》 通常罠 ヴェンデット

広告