亜空間(あくうかん)ジャンプ装置(そうち)/Interdimensional Warp》

通常罠
自分フィールド上モンスター1体と、
相手フィールド上のAカウンターが乗ったモンスター1体の
コントロールを入れ替える。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した通常罠
 Aカウンターの乗った相手モンスター1体と、自分モンスターコントロール交換する効果を持っている。

 自分モンスターAカウンターの乗った相手モンスターがそれぞれ1体存在していれば、タイミングを選ばずに発動できる。
 Aカウンターが乗っている必要があるが、奪うモンスター自分で選ぶことができるのは《強制転移》にない大きな利点である。
 既存のカード下位互換である《大気圏外射撃》《細胞爆破ウイルス》とは違い、特有の強みを持つ1枚と言える。

 《エーリアン・キッズ》等と併用すれば、モンスター特殊召喚に成功したタイミングでコントロール交換でき、起動効果を使われる前に奪える。
 また、自身だけが生き残る全体除去効果を持つ《裁きの龍》《終焉の王デミス》等の効果チェーンして発動するのも有効。
 ただし罠カードなので、相手ターンでも発動できる反面、発動までの速効性と確実性がないという欠点もある。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:自分相手モンスター1体をそれぞれ対象に取る効果ですか?
A:はい、効果発動時モンスター2体を対象に取る効果です。(09/03/04)

Q:Aカウンターの乗っている相手《No.11 ビッグ・アイ》効果チェーンして、このカード発動しました。
  相手《No.11 ビッグ・アイ》と、《No.11 ビッグ・アイ》効果で選択されたモンスターを選んだ場合、どのような処理となりますか?
A:このカード効果で選択した2体のコントロール交換を行い、《No.11 ビッグ・アイ》効果は特に何も処理をしません。(13/04/17)


Tag: 《亜空間ジャンプ装置》 通常罠

広告