亜空間物質転送装置(あくうかんぶっしつてんそうそうち)/Interdimensional Matter Transporter》

通常罠
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その自分の表側表示モンスターをエンドフェイズまで除外する。

 ガーディアンの力で登場した通常罠
 自分フィールド表側表示モンスター一定期間だけ除外する効果を持つ。

 モンスター除去に合わせて発動することで、それを回避するのが基本的な使い方。
 自分《ブラック・ホール》等にチェーンして発動し、自分モンスターを守ることもできる。
 フィールド離れた場合に効果発動するモンスターとも相性が良く、《E・HERO アブソルートZero》《地縛神 Aslla piscu》で任意の全体除去が可能。

 対象をとる除去は新たにチェーンされない限り回避できるが、対象をとらない単体除去の場合、他に除去できるカードがあるとそちらを除去してしまう。
 《地砕き》にこのカードチェーンしても、自分フィールドに他のモンスターが存在する場合、そちらが破壊される事になる。
 その他、やや強引な使い方ではあるが、攻撃し終わったモンスター除外し、《闇次元の解放》《奇跡の光臨》などで即座に帰還させて追撃することも可能。

 新マスタールールではエクストラモンスターゾーンに存在するモンスターメインモンスターゾーンに移動させる手段としても利用できる。
 《アルティマヤ・ツィオルキン》の様な蘇生帰還ができず、尚且つエクストラデッキから特殊召喚するスペースが欲しいカードとは相性が良い。

 しかし、同様の用途にはコスト除外できる速攻魔法《星遺物を巡る戦い》が存在し、相手フィールドモンスターを要求することを除けば上位互換に近い。
 《トーチ・ゴーレム》などを使えば、あちらは先攻ターン目に使うこともできる。
 こちらはフィールドを空にされた相手の返しを受けられる点、モンスター対象に取れる点、カードの効果除外する点、元々の攻撃力と守備力が共に0か?のモンスターに使用できる点で差別化したい。

  • 「亜空間」とは通常の物理法則が通用しないとされる想像上の空間で、SFなどで使われる。
  • 原作・アニメでは(速攻)魔法カードで、イラストは望遠鏡などに近いようなものだった。
    効果は「場のモンスターを別の場所に転送する(それが相手フィールド上でもかまわない)」というアバウトなものだったが、描写を見る限り攻撃の回避に使えるようだ。
    なお括弧内の効果は使用された例はない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:エンドフェイズに戻ってくるのは特殊召喚扱いですか?
A:いいえ、特殊召喚扱いではありません。
  「特殊召喚できないモンスター」もフィールド戻す事ができます。

Q:エンドフェイズモンスターゾーンに空きが無い場合はどうなりますか?
A:そのモンスター墓地へ送られます。

Q:《混沌の黒魔術師》除外した場合はエンドフェイズに戻ってきますか?
A:いいえ、戻ってきません。(09/03/06)

Q:モンスタートークン除外するカードとして選択する事はできますか?
A:はい、選択する事ができます。
  ただし、エンドフェイズフィールドには戻りません。(09/03/06)

Q:《E・HERO アブソルートZero》除外効果発動させたところ、《天罰》無効化されました。
  この場合、エンドフェイズ《E・HERO アブソルートZero》フィールドに戻りますか?
A:除外されているカードは「破壊」できないため戻ります。(11/01/20)

Q:特殊召喚されたモンスターをこのカード除外した後、フィールド戻りました。
  《スペシャルハリケーン》発動されたとき、このカード対象となったモンスター破壊されますか?
A:破壊されます。(09/12/14)

Q:このカードの効果《メタル・リフレクト・スライム》などの罠モンスター除外した場合、エンドフェイズの処理はどうなりますか?
A:エンドフェイズに一旦フィールドに戻りますが、その後すぐに墓地へ送られます。(13/05/06)

Q:フィールドに存在するエクシーズモンスター対象発動した場合、重ねていたエクシーズ素材除外されますか?
A:この場合、エクシーズ素材フィールドに残らずに墓地へ送られます。(11/03/17)

Q:自壊効果を持つ、あるいは付加されたモンスター除外した場合、エンドフェイズに戻ってきた後自壊しますか?
A:カードによって異なります。
  自壊するかどうかは公式HP、もしくは遊戯王OCG事務局にお問い合わせ下さい。(09/01/12)

Q:《破壊竜ガンドラ》除外した場合、エンドフェイズに戻ってきた後墓地へ送られますか?
A:召喚した《破壊竜ガンドラ》墓地へ送られます。
  反転召喚した《破壊竜ガンドラ》墓地へ送られません。(15/04/02)

Q:スピリットモンスター《破壊竜ガンドラ》除外した場合、エンドフェイズに戻ってきた後手札に戻りますか?
A:召喚したスピリット手札に戻ります。(09/01/13)
  反転召喚したスピリット手札に戻りません。(17/04/20)

Q:(《スキルドレイン》適用中に)《人造人間−サイコ・リターナー》特殊召喚した《人造人間−サイコ・ショッカー》除外した場合、エンドフェイズに戻ってきた後破壊されますか?
A:破壊されません。(09/01/14)

Q:自身の効果特殊召喚した《パペット・キング》除外した場合、エンドフェイズに戻ってきた後破壊されますか?
A:破壊されません。(09/01/23)

Q:妥協召喚した光神機除外した場合、エンドフェイズに戻ってきた後墓地へ送られますか?
A:墓地へ送られます。(11/10/13)

Q:妥協召喚した《ミストデーモン》除外した場合、エンドフェイズに戻ってきた後破壊されますか?
A:破壊されます。(11/06/29)

Q:《リバース・オブ・ネオス》特殊召喚した《E・HERO ネオス》除外した場合、エンドフェイズに戻ってきた後破壊されますか?
A:破壊されず、フィールドに残ります。(14/11/06)

Q:《スキルドレイン》適用中に、特殊召喚した《オベリスクの巨神兵》除外、その後《スキルドレイン》フィールドを離れた場合、エンドフェイズに戻ってきた後墓地へ送られますか?
A:効果発動し、自身を墓地に送ります。(10/07/31)

Q:《レスキューラビット》特殊召喚したモンスター除外した場合、エンドフェイズに戻ってきた後破壊されますか?
A:破壊されません。(12/06/13)

Q:このカードの発動チェーンして《TG1−EM1》発動され、このカード対象となったモンスターTG対象に指定されました。
  この場合、どのように処理すればよいのでしょうか?
A:このカード効果処理を行う際に、対象モンスターコントロールが移っていた場合、除外は行いません。(11/05/04)

Q:自分Sinモンスターを同一ターン中に2体除外した場合、そのターンエンドフェイズにはどのような処理を行いますか?
A:このカードの効果を、どちらから先に処理を行うか選択し処理を行います。
  1枚目の処理が終了した時点で、フィールドSinモンスターが存在する状況となる為、2枚目の効果を処理しフィールドに戻す事はできません。(12/09/06)

Q:上記の例において、フィールド魔法フィールドにない場合、「1枚目の効果で戻したSinモンスター破壊→2枚目の効果の処理を行う」という処理になりますか?
A:はい、そのような処理になります。(12/09/13)

Q:戻す際に《群雄割拠》《御前試合》が存在し且つ種族または属性が一致しない場合、戻すべきモンスター除外されたままになりますか?
  墓地に送られますか?
A:墓地に送られます。(14/11/06)

Q:戻す際に除外した時のモンスターゾーンとは違う位置モンスターゾーン戻すことはできますか?
A:できます。(15/09/02)


Tag: 《亜空間物質転送装置》 通常罠

広告