阿修羅(アスラ)/Asura Priest》

スピリットモンスター
星4/光属性/天使族/攻1700/守1200
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードは相手フィールド上に存在する
全てのモンスターに1回ずつ攻撃をする事ができる。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した光属性天使族下級スピリットモンスター
 スピリットモンスター共通の召喚条件誘発効果と、全体攻撃する永続効果を持つ。

 全体攻撃により、相手モンスターを殲滅できる。
 《キラー・トマト》等によりリクルートされたモンスターにも攻撃を仕掛けられるため、場にモンスターを残さず、反撃の芽を潰せる。
 相性の良いカードも多く、たとえば《H−ヒートハート》等の貫通カードや、《最終突撃命令》等の攻撃表示を強制するカードと合わせることで、相手ダメージを与えやすくなる。
 《オネスト》《フォース》強化すれば、大きな戦闘ダメージも容易に与えられる。

 しかし、毎ターン召喚権が必要になるスピリットモンスターである点がネックとなる。
 このカード召喚バウンスを繰り返す内に、相手に展開を許し、自分は全く準備ができていない、という状態にもなりうる。
 反撃ができない内は相手が展開を抑え、思った以上にアドバンテージを得られない展開にもなりやすい。
 もっとも、手札に戻る効果相手除去を受けにくい点でメリットにもなり、一概に短所とは言えない。
 自分フィールドが空になりやすいため、《サイバー・ドラゴン》《冥府の使者ゴーズ》効果を使用しやすい。

 召喚するタイミングを選べば全体攻撃を活かしやすい反面、活かせる場面以外での召喚は控えたいところ。
 【スピリット】等のサポートカードが豊富な状況でアタッカーとして運用する、【追い剥ぎハンデス】《追い剥ぎゴブリン》とのコンボ目的に採用するなど、他のカードとの相性を考えて使用してこそ真価を発揮するカードと言える。
 《月鏡の盾》を併用すれば毎ターン強化しながら全体攻撃となり、相手モンスターを展開してきたとしても対応はしやすくなる。

  • 08/07/11までの裁定では再び攻撃できることになっていた。
  • モチーフとなっているのは仏教における「(天竜)八部衆」の一尊、「阿修羅」。
    三つの顔と六本の腕を持ち、帝釈天と無限の戦いを繰り広げるとされる。
    全体攻撃効果は六本の腕を持つ事からであろう。
    「阿修羅」とは古代インド神話におけるアスラが仏法の守護神として取り込まれ、中国に伝来した際に当てられた字である。
  • アニメGXの第111話では、一般生徒が使用している。
    アニメDMでは大量の剣を飛ばして攻撃していたのに対し、この時はパンチで攻撃している。
  • コナミのゲーム作品において―
    DM8では通常モンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「東洋の戦いの神。6本の腕を使い、次々と敵を倒していく」と書かれている。
    レベル4以下の幻想魔族では攻撃力が一番高いが、天使族なので《闇》弱体化してしまうのが欠点。

関連カード

―《阿修羅》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードが《キラー・トマト》などのリクルーターを倒した場合、新たに召喚されたモンスター攻撃できますか?
A:はい、攻撃できます。

Q:このカードの攻撃《魔法の筒》《ネクロ・ガードナー》無効にされました。
  相手フィールド上にモンスターが存在していれば、そのターンにまた相手モンスター攻撃できますか?
A:攻撃無効にされた場合、別のモンスターにのみ攻撃できます。
  再度同一のモンスターには攻撃できません。(09/07/01)

Q:相手フィールド上に3体のモンスターがいる時、2体だけを攻撃することができますか?
A:はい、できます。

Q:このカードで相手プレイヤーダイレクトアタックをした時に、《冥府の使者ゴーズ》特殊召喚された場合、このカードで《冥府の使者ゴーズ》冥府の使者カイエントークン攻撃することは出来ますか?
A:いいえ、できません。
  直接攻撃の後はモンスター攻撃できません。(07/05/03)


Tag: 《阿修羅》 モンスター スピリットモンスター 効果モンスター 星4 光属性 天使族 攻1700 守1200 特殊召喚不可

広告