悪魔(あくま)への貢物(みつぎもの)/Faustian Bargain》

通常魔法
フィールド上の特殊召喚されたモンスター1体を選択して墓地へ送り、
手札からレベル4以下の通常モンスター1体を特殊召喚する。

 STARDUST OVERDRIVEで登場した通常魔法
 フィールド特殊召喚されたモンスターを選択して墓地へ送り手札からレベル4以下の通常モンスター特殊召喚する一連の効果を持つ。

 基本的には【通常モンスター】専用カードとなる。
 自分モンスター墓地へ送る対象にできるものの、相手モンスターを選ばなければアドバンテージ的な意味はないに等しい。
 昨今は特殊召喚を利用しないデッキの方が珍しいので、発動できる機会は多いだろう。
 墓地へ送る効果であるため、強固な破壊耐性を持つ《スターダスト・ドラゴン》等も楽々墓地へ送れるのはありがたい。
 条件さえ満たせればノーコスト通常モンスター《ディメンション・マジック》となる。

 欠点を挙げるなら手札から特殊召喚できるのはレベル4以下の通常モンスターに限る点。
 だが、通常モンスターにもチューナーは存在するので、このカードによる特殊召喚と、さらに手札から通常召喚したモンスターとでシンクロ召喚に繋ぐ事ができる。
 《ナチュラル・チューン》の存在もあるため、【通常モンスター】でもシンクロ召喚は難しくはない。
 ペンデュラムモンスタートークン墓地に送れない為、特殊召喚する事ができない。

 他にも、【ローレベル】では《地獄の暴走召喚》と併用することで疑似《同姓同名同盟》のように扱え、《トライアングルパワー》《サウザンドエナジー》発動を補助できる。
 《レスキューラビット》に比べると安定性が低いが、《闇の量産工場》等と共にエクシーズ召喚の補助としても利用可能。
 このように様々な通常モンスターサポートカードコンボできるが、単体では単なる事故要因でしかないため、デッキによって枚数は調節したい。

 以下は【通常モンスター】以外のデッキ候補。

  1. 【伝説の都 アトランティス】
    《伝説の都 アトランティス》の状況下ならレベルの下がった《ギガ・ガガギゴ》《ジェノサイドキングサーモン》等、高攻撃力モンスター特殊召喚できるため、劣勢時からの切り返しに役に立つ。
  2. 【ジェネクス】
    《ジェネクス・コントローラー》を使うデッキであれば投入を検討できる。
    《ジェネクス・ウンディーネ》等で《ジェネクス・コントローラー》サーチし易く、相手特殊召喚されたモンスターを潰しつつこちらはシンクロ召喚できる。
  3. 【E・HERO】
    《E・HERO エアーマン》《E−エマージェンシーコール》からサーチがしやすく、複数のE・HEROを並べれば《R−ライトジャスティス》も使いやすくなるため相性は悪くない。
    《E・HERO スパークマン》《E・HERO クレイマン》といったカードなら実用に耐えられる。
    《E・HERO フェザーマン》を軸とする 【フェザーパーミッション】では、キーカード特殊召喚除去を兼ねる事ができる。

 通常モンスターとセットでなければ効果を発揮できず、特殊召喚したモンスターしか対象にできないため投入するデッキを選ばなければ手札事故の原因になってしまう。
 そのため、通常モンスターサーチしやすく、フィールドに出す事に意義のあるデッキに使いたい。
 上記に挙げた物以外でサーチ手段に恵まれた物にはおジャマや、《剣闘獣アンダル》などがある。
 これらのデッキに隠し味として入れてみるのも悪くないだろう。
 自分モンスターにも使う事は可能だが、その場合は墓地へ送る事で効果を発揮するモンスターを選ぶなどしてディスアドバンテージをできるだけ減らしたい。
 イグナイトなど、通常モンスターペンデュラムモンスター中心のデッキなら特殊召喚するモンスターの確保はあまり困らない。

  • 英語名は「ファウストの取引」である。
    「ファウスト(Faust)」 とは、16世紀にドイツに実在したと言われる魔術師のことであり、全知全能を望み「メフィストフェレス(Mephistopheles)」に魂を売ったとされる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールド上の「特殊召喚されたモンスター」を墓地へ送れますか?
A:はい、可能です。(09/07/18)

Q:2つの処理は同時扱いですか?
A:それぞれ同時に処理する扱いとなります。(16/08/12)

Q:墓地へ送るのはコストですか、効果ですか?
A:対象をとる(指定する)効果です。(09/07/25)

Q:対象のモンスター墓地に送れない場合(《究極封印神エクゾディオス》モンスタートークン《次元の裂け目》適用中など)、このカード発動することはできますか?
A:はい、発動できます。ですが、対象のモンスター墓地に送られなかった場合、手札から通常モンスター特殊召喚することはできません。(09/09/29)

Q:手札通常モンスターが無いとき発動できますか?
A:いいえ、できません。(09/07/21)

Q:チェーン処理の結果、効果解決時手札通常モンスターが存在しなくなった場合でも墓地へ送る処理は適用されますか?
A:はい、その場合でも適用されます。(09/09/17)

Q:フィールド上に《大天使クリスティア》が存在する場合、《大天使クリスティア》対象にとることでこのカード発動できますか?
A:フィールド上に《大天使クリスティア》が存在する場合、このカード発動できません。(13/01/04)

Q:裏側守備表示フィールド上に存在する特殊召喚されたモンスター対象にとることでこのカード発動できますか?
A:はい、発動できます。裏側守備表示モンスターであっても、一度フィールド上に特殊召喚されたモンスターであれば対象にとることができます。(13/01/05)

Q:自分はこのカード手札に持っていますが、相手モンスターのそれぞれが特殊召喚されたモンスターかどうか覚えていません。
  どのモンスター特殊召喚されたモンスターか聞いた後で、このカード発動するかどうか決められますか?
A:相手プレイヤー特殊召喚されたモンスター確認する事は可能です。(13/12/21)

Q:相手《うごめく影》モンスターシャッフルしていた場合でも同じでしょうか?
A:基本的にはお互いフィールド上の状況を確認しながらゲームを進めます。
  また、《うごめく影》適用した場合でも、コントローラーはそれぞれのカードの状態を知っておく必要があります。
  なお、お問い合わせ頂いた内容はカードゲーム上のルールではなくマナーとなりますので、大会等で不明点がある場合は当日の審判に確認するようお願い致します。(13/12/21)

Q:《コアキメイル・ドラゴ》フィールド上に存在する時に手札通常モンスター《エンシェント・エルフ》《ジェネクス・コントローラー》など光属性または闇属性のみの場合、このカード発動できますか?
A:手札通常モンスター光属性および闇属性のみの場合はこのカード発動できません。(14/01/24)

Q:《コアキメイル・ドラゴ》フィールド上に存在する時に手札通常モンスター《エンシェント・エルフ》《死神ブーメラン》など光属性または闇属性およびそれ以外の属性通常モンスターの組み合わせの場合、このカード発動できますか?
A:はい、発動できます。ただし、このカード効果解決時特殊召喚できるのは光属性および闇属性以外の属性通常モンスターのみです。(14/01/24)

Q:上記の状況で《コアキメイル・ドラゴ》対象にとることで《コアキメイル・ドラゴ》墓地へ送った場合、光属性または闇属性通常モンスター特殊召喚できますか?
A:《コアキメイル・ドラゴ》墓地へ送られた事で、手札から光属性または闇属性通常モンスター特殊召喚できます。(14/05/12)

Q:特殊召喚されたペンデュラムモンスター対象にとることでこのカード発動できますか?
A:はい、発動できます。この場合、効果解決時ペンデュラムモンスターエクストラデッキに加わり、手札から通常モンスター特殊召喚することはできません。(14/03/31)

Q:特殊召喚された表側表示/裏側表示のモンスターを対象にとっ発動したこのカード効果解決時に、対象にとっモンスター表示形式裏側表示/表側表示に変更されていた場合、墓地へ送る処理は適用されますか?
A:効果解決時モンスター表示形式が変わっていた場合でも、そのモンスター特殊召喚された事には変わりありませんので、墓地へ送ることが可能な限りは対象にとっモンスター墓地へ送り手札からレベル4以下の通常モンスター特殊召喚します。(14/08/30)


Tag: 《悪魔への貢物》 魔法 通常魔法

広告