悪魔嬢(あくまじょう)リリス/Lilith, Lady of Lament》

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻2000/守   0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):召喚したこのカードの元々の攻撃力は1000になる。
(2):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから通常罠カード3枚を相手に見せ、
相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分フィールドにセットし、残りのカードはデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 ストラクチャーデッキR−闇黒の呪縛−で登場する闇属性悪魔族下級モンスター
 召喚された自身の元々の攻撃力が1000になる効果デッキから通常罠3枚を選び、相手ランダムに選ばせた1枚をセットし残りをデッキに戻す効果を持つ。

 レベルモンスターでは最高タイの攻撃力を持つが、召喚した場合は(1)により実質半減する。
 特殊召喚したり、《スキルドレイン》などと併用すれば元々の攻撃力2000として運用できるが、そのような手間をかけるのなら元々の攻撃力がより高い《ミストデーモン》などを使う方がよい。
 《魔界発現世行きデスガイド》によるリクルートにも対応しているが、この場合は(2)も使えなくなってしまう。
 セット通常召喚でそれぞれ別の範囲のウイルスカード媒体となるため、それに利用する効果といえる。

 (2)は闇属性1体をリリースすることでデッキから通常罠1枚をセットできるフリーチェーン効果
 ランダムではあるものの同名カード3枚を見せれば確実に狙ったカードセットできる。
 コストさえ確保できれば毎ターン発動可能なので、通常罠が多く投入されたデッキでは戦線維持に貢献できる。

 ただし、セットしたカードは原則として次のターン以降でないと発動できないため、タイムラグが生じる間に除去される可能性もある。
 また、相手公開してから選ばせるため何のカードを伏せたのかを予想されやすく、その分だけ対処もされやすい。
 エンドフェイズ発動してフリーチェーンカードを3枚選んでおき、次のターンにすぐに発動すれば相手に対応される隙を少なくできる。
 この効果を狙う場合は通常罠の投入枚数が多めになりやすいため、《王家の神殿》を採用しておくのも良いだろう。
 《チェーン・マテリアル》サーチし、《王家の神殿》で速効性を高め、《フュージョン・ゲート》を使って1ターンキルを狙ってみるのもまた一興か。

 フリーチェーンモンスターリリースできるため、相手モンスターリリースを肩代わりさせられる《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》の影響下では回避しづらい除去にもなる。
 このカード《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》の双方が揃っている必要があるため、先にどちらかを除去されると成立しないが、このカードが狙われた場合でも自身をリリースして最低限の仕事はできるのは強みと言える。

  • コナミのゲーム作品において―
    悪魔嬢(あくまじょう)」というカード名は、KONAMIから発売されているゲーム作品『悪魔城(あくまじょう)ドラキュラ』シリーズを思わせるが、意識したネーミングであるかは不明。

収録パック等


Tag: 《悪魔嬢リリス》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 悪魔族 攻2000 守0

広告