暗黒(ダーク)ドリケラトプス/Dark Driceratops》

効果モンスター
星6/地属性/恐竜族/攻2400/守1500
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
このカードの攻撃力が守備表示モンスターの守備力を越えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

 暗黒の侵略者で登場した地属性恐竜族上級モンスター
 貫通ダメージを与える永続効果を持つ。

 リリース1体としては並の攻撃力で、効果貫通のみとアドバンテージを得にくい。
 単体性能では《ストロング・ウィンド・ドラゴン》《E−HERO マリシャス・エッジ》に敵うものがないので、恐竜族サポートで差別化することになる。
 《化石調査》に対応していることは明確な利点と言える。
 また、《ロストワールド》との相性は非常に良く、守備力0の戦闘破壊されないという貫通効果の格好の的を作り出しつつ、自身は耐性を得る事ができる。

 とは言え、実際は効果を活かせる機会が限られており、積極的にアドバンス召喚するような爆発力があるとは言い難い。
 守備表示対策に見える効果だが、となるような守備力の高い守備表示モンスター《ハイパーハンマーヘッド》《ジュラック・グアイバ》に任せたほうが無難。
 【恐竜族】ではまともにリリース確保できるのが《俊足のギラザウルス》程度なので、エヴォルカイザーなどを展開できる機会を削ってまで採用するようなカードではない。
 アドバンス召喚系のサポートカードを利用できる利点はあるが、恐竜族最上級モンスターが多く、リリース軽減可能なものも恐竜族限定であるため、他のデッキほどかみ合わせは良くない。

 ただ、ペンデュラム召喚を行う場合では異なる。
 リリースを確保せずとも展開でき、《化石調査》サーチも効くので状況に応じて展開しやすい。
 ペンデュラムスケール7なら《化石調査》サーチできる《ランスフォリンクス》などを利用できる。

  • 同じ「暗黒」と付く恐竜でも、こちらは「ダーク」で《暗黒恐獣》等は「ブラック」と読む。
  • モデルは、白亜紀の北米などに生息していた恐竜「トリケラトプス」。
    ティラノサウルスと並んで非常に有名な恐竜であり、頭に角や特徴的な襟飾りを持つ「角竜」類の代表的存在。
    アニメGXで剣山が見ていた夢の様に、その鋭い角でもってティラノサウルスと死闘を繰り広げていたとされる。
    このカード守勢に回ったティラノサウルスであれば勝てる攻撃力を備えている。
    しかし、このモンスターは四肢や胴体こそ恐竜らしいが、鳥に近い形状のクチバシがあったり襟飾りも羽毛の様になっていたりして、頭部はトリケラトプスに似ても似つかない。
    リケラトプス」ではなく「リケラトプス」という名前なのは、下記の技名も考慮すると「ケラトプス」と掛けているのだろうか。
    一応、角は3本あるので意味は間違っていない。
  • イラストはさすがに誇張が大きいが、実際トリケラトプスの嘴は「実は肉食恐竜なのではないか」という説が出たほど非常に大きく強力なものであり、かなり固い植物を噛み砕く事ができた。
    また、最新の研究ではトリケラトプスもある程度体毛を持っていた説がある。
  • アニメでは背中に鳥の翼が生えていたが、カードイラストでは存在しない。
    また早くからOCGに存在するカードだが、アニメでのカードイラストは体が大きく描かれており、全体的な色使いも濃くなっている。

関連カード

―トリケラトプスがモチーフのカード

―角竜

収録パック等


Tag: 《暗黒ドリケラトプス》 効果モンスター モンスター 星6 地属性 恐竜族 攻2400 守1500

広告