暗黒(ブラック)ブラキ/Black Brachios》

効果モンスター
星4/地属性/恐竜族/攻1800/守1100
(1):このカードが召喚に成功した時、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側守備表示にする。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した地属性恐竜族下級モンスター
 召喚に成功した時にモンスター1体を表側守備表示にする誘発効果を持つ。

 守備力1800未満のモンスター戦闘破壊できるため、《交響魔人マエストローク》同様広範囲のモンスターに対応できる。
 厄介な《ヴェルズ・オピオン》もこのカードで倒すことが可能。

 ただ単純な処理能力では《アーマード・ビー》《機皇兵グランエル・アイン》に劣る場合がほとんどである。
 攻撃力は上回るも、現在の環境で1800の打点は返しのターンを生き残るには心許ない。
 一方で《化石調査》に対応しているという強みがあり、他の恐竜族との使い分けやメタカードとしてのピン挿しで力を発揮する。
 予め《ジュラック・ヴェロー》リクルートしておいた《ジュラック・グアイバ》に、守備表示にしたものを戦闘破壊させるというコンボも狙える。
 コンバットトリックで届くようになる範囲も広いので、《ジュラック・グアイバ》軸のデッキでは扱いやすい。
 ただし《交響魔人マエストローク》《ヴェルズ・サラマンドラ》と異なり《A・O・J カタストル》戦闘破壊できない点には注意。

 また表側守備表示への変更は、裏側守備表示モンスターに対しても行える。
 リバース効果などを発動させる恐れはあるが、《スノーマンイーター》《墓守の偵察者》などはどの道そのまま攻撃しても処理できない。
 バトルフェイズ前に正体を探る事ができるだけでもそれなりに有用だろう。
 自分モンスターにも使用できるので、《浅すぎた墓穴》などとはコンボする事もできる。

  • 「暗黒」に「ブラック」というルビ、後半が恐竜の名称を省略した形のネーミングになっている点から、《暗黒ステゴ》などとはシリーズカードの関係であると思われる。
    首元に並ぶ突起など、デザイン上の共通点も見られる。
    最後発の《暗黒ヴェロキ》から、およそ6年ぶりの登場である。

関連カード

―「暗黒(ブラック)」シリーズ

収録パック等


Tag: 《暗黒ブラキ》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 恐竜族 攻1800 守1100

広告