暗黒竜(あんこくりゅう) コラプサーペント/Black Dragon Collapserpent》

特殊召喚・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1700
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性モンスター1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
この方法による「暗黒竜 コラプサーペント」の特殊召喚は
1ターンに1度しかできない。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「輝白竜 ワイバースター」1体を手札に加える。

 ジャンプフェスタ2013(2日目) プロモーションカードで登場した闇属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 通常召喚できず、墓地モンスター除外した場合のみ特殊召喚でき、《輝白竜 ワイバースター》サーチする誘発効果を持つ。

 下級モンスターだが、手札からしか特殊召喚できず通常召喚蘇生もできない。
 除外コスト光属性1体と軽いため、特殊召喚条件を満たすことは容易である。

 《輝白竜 ワイバースター》デッキからサーチする効果を持ち、墓地のこのカード除外し、即座に《輝白竜 ワイバースター》特殊召喚が可能。
 サーチ効果発動条件は、「フィールド上から墓地へ送られた場合」と緩いが、エクシーズ素材に使用した場合は条件を満たせない。
 一方でシンクロ召喚リンク召喚ならばサーチに繋げられる。

 デメリットとして、自身と同名カード特殊召喚1ターンに1度しか行えない制約を持つ。
 このモンスターの大量展開はできないが、シンクロ召喚等の補助には十分役立てられる。

 弱点として、手札に複数ある場合はどちらかが腐る事、特殊召喚封じに弱い事、アタッカーとしてはやや攻撃力が低い事がある。
 手札で腐っている場合は、《ライトニング・ボルテックス》等の手札コストにしたり、《ライトパルサー・ドラゴン》蘇生コスト等にすると良いだろう。

 このカードと相性が良いカードは多く存在する。
 【ライトロード】等の光属性墓地に落ちやすいデッキでは、特殊召喚は容易である。
 《憑依装着−ダルク》召喚コストにすれば、あちらの効果とこのカード効果で2枚の手札を増やせ、2枚目のこのカード特殊召喚もしやすくなる。
 《憑依解放》が存在していれば《輝白竜 ワイバースター》破壊からのこのカードサーチ及び《闇霊使いダルク》リクルートがいっぺんに行える。
 《エクリプス・ワイバーン》《救援光》《混沌空間》とは相性が良い。

 リンク素材としては極めて使い勝手が良い。
 リンク素材に使用して墓地へ送られた場合は即座に《輝白竜 ワイバースター》サーチして特殊召喚でき、《輝白竜 ワイバースター》リンク素材にして使用すればまたこのカードサーチできる。
 結果として手札消費無しで毎ターン2体分のリンク素材の確保ができることになる。

  • 原作・アニメにおいて―
    Dチーム・ゼアルの「凌牙vsシンディ・クロス」戦において、シンディの最初の手札に存在していたのが確認できる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:手札加える効果ダメージステップ中に発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/12/23)


Tag: 《暗黒竜 コラプサーペント》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 ドラゴン族 攻1800 守1700 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告