(やみ)指名者(しめいしゃ)/Dark Designator》

通常魔法
モンスターカード名を1つ宣言する。
宣言したカードが相手のデッキにある場合、
そのカード1枚を相手の手札に加える。

 新たなる支配者で登場した通常魔法
 相手プレイヤーサーチを強要する効果を持つ。

 コンボを考えずに使用すると2:0交換であり、大きなディスアドバンテージを負うことになる。
 ゆえに基本的には何かのカードとのコンボが前提となる。
 しかしどんな使い方をするにせよディスアドバンテージが生じることになるため、アドバンテージ取得は諦め、ハンデス等と合わせて相手デッキの要となるカードを潰すために用いるのが適切だろう。

 《マインドクラッシュ》《異次元の指名者》等とコンボしてハンデスピーピングするのも戦術の一つであり、サーチしたカード《エクスチェンジ》で奪うことも考えられる。
 変わったところでは、《パペット・キング》効果を能動的に発動できるようになる。
 デッキからしか特殊召喚できない/バスター等への妨害にもなるが、それらを主軸にしたデッキならば手札事故に備えてデッキ戻す手段を用意していると考えられるので、対策としては微妙である。

  • アニメGXにおいては「十代&翔vs迷宮兄弟」戦で迷宮兄弟・宮が使用。
    自分タッグパートナーにカード宣言するという前代未聞の使用法で視聴者を驚かせた。
    パートナーである迷宮兄弟・迷に《雷魔神−サンガ》手札に加えさせている。
    なお、ゲーム作品でタッグデュエルをする際にこのような使い方をすることはできないので注意。
    「十代vs墓守の長」戦では墓守の長手札にあるのが確認できる。
    また英語版アニメの12話で万丈目によって海に捨てられた三沢のカードの中に確認できる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:宣言したカード相手デッキに無かった場合、相手デッキ確認することはできますか?
A:ご質問の《闇の指名者》につきましては、カードの効果として必ず相手デッキ確認する効果ではありません。
  その為、まずは該当のカードは存在しない旨を伝え、それをもとにどの様に対戦を進めるかをお互いにお話し合いいただき、その後の処理を決めて進めていただきます。(16/06/15)


Tag: 《闇の指名者》 魔法 通常魔法

広告