(やみ)呪縛(じゅばく)/Shadow Spell》

永続罠
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターの攻撃力は700ダウンし、
攻撃できず、表示形式の変更もできない。
そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

 LIMITED EDITION 3で登場した永続罠
 相手モンスター攻撃力を下げ、行動を制限する効果を持つ。

 相手攻撃を防ぎつつ、返しのターンでの戦闘破壊を補助するのが基本的な役割となる。
 しかし、コンバットトリック目的であれば《収縮》《禁じられた聖槍》相手モンスターの行動を妨害する目的であれば《デモンズ・チェーン》《拷問車輪》の方が効果的な場面が多く、どうにも中途半端な立ち位置と言わざるをえない。

 モンスターを残す意味があり、攻撃力を下げる事が意味を持つデッキでも《ミニチュアライズ》の方が優先される。

  • 遊戯王Rの「天馬月行vsテッド・バニアス」戦においてテッド・バニアスが使用。
    原作同様に魔法カードであり、月行の《サラブレッド・エルフ》の攻撃を封じた。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《闇の呪縛》で選択したモンスターコントロール奪取した場合攻撃できますか?
A:攻撃できません。コントロールが移動しても、効果は適用され続けます。

Q:選択したモンスター《月の書》効果などで裏側表示になった場合、このカード効果はどうなりますか?
A:効果適用されなくなり、このカードは意味の無いカードとしてフィールドに残ります。(11/12/29)

Q:選択したモンスター効果解決時《月の書》効果などで裏側表示になった場合、このカード効果はどうなりますか?
A:その場合、表示形式が変更できない効果適用され、そのモンスター表側表示になれば、攻撃力をダウンして攻撃ができない効果適用されます。(14/10/23)


Tag: 《闇の呪縛》 永続罠

広告