闇霊術(やみれいじゅつ)−「(よく)」/Dark Spirit Art - Greed》

通常罠
自分フィールド上の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手は手札から魔法カード1枚を見せてこのカードの効果を無効にできる。
見せなかった場合、自分はデッキからカードを2枚ドローする。

 PHANTOM DARKNESSで登場した通常罠
 闇属性モンスターリリースし、ドローする効果を持つ。

 単に闇属性召喚してリリースするだけでは手札交換にしかならず、既に効果発動したものや、墓地へ送ることで効果を発揮するもの、闇属性トークンなどをリリースしてディスアドバンテージの軽減に努めたい。
 サクリファイス・エスケープとして発動するのも良い。
 多用される属性であるため、相手闇属性モンスターコントロールを得てリリースする手もある。

 しかし、いくらリリースを軽減できても相手魔法カード公開するだけで無効にされてしまう。
 このカードを使って手札1枚を確認するだけではとても割に合わないため、無効化されない状況を作る必要がある。

 闇属性に関連する《魂を削る死霊》《闇のデッキ破壊ウイルス》の他、《マインドクラッシュ》相手手札魔法カードを減らせば発動は難しくはない。
 しかし、同じようにドローしたいならば《魂の転身》もあるので、属性サポートとして利用するかは、明確なコンボを行える、またはそのコンボと相性のいいデッキに採用するのが無難だろう。

 【トマハン】では闇属性モンスターが多い上に相手手札が少なくなるので、効果無効化されにくく相性が良い。
 【シモッチバーン】においては、《真実の眼》発動していれば恒久的なピーピングができる。
 その状態なら公開によって妨害されることがなくなるため、確実に2枚のドローが可能となる。
 《シモッチによる副作用》と同時に引いてしまった《堕天使ナース−レフィキュル》リバースして用済みになった《不幸を告げる黒猫》リリースに使える。
 【蟲惑魔】においては《アトラの蟲惑魔》があれば簡単にドローできる。
 霊術も詰め込んだファン構築の【霊使い】では、同じ霊術である《水霊術−「葵」》を使ってハンデスピーピングを行い補助が可能。

  • 霊術の中で唯一、カードの消費が無い。
    その代わり、簡単に無効化される危険性も孕んでいる。
  • カード名も異質であり、このカードのみ《○霊術−「△」》の○の部分が訓読みで、△の部分が音読みである。
    また、英語名の△の部分に関しても、他の「霊術」が日本語の読みそのままなのに対して、このカードだけ英訳されている。
    さらに他の「霊術」は《Spiritual ○ Art - △》となっているのに対して《○ Spirit Art - △》と形式が異なっている。
  • イラストの右上に、取っ手部分が壊れ、歯も欠けている《強欲な壺》が置いてあるのが確認できる。
    マスターガイド2によると《強欲な壺》を使用した儀式らしく、壊れてしまっても置いてあるだけで効果を発揮するらしい。
    破損した原因カード名から考えると、あるモンスターにいきつく。
    左上には枷のようなものがあることから、彼が《闇霊使いダルク》を捕らえて術を行わせているのかもしれない。
    • アニメZEXALII(セカンド)の「IV(フォー)vsナッシュ」戦でIVが使用した通常罠《パニック・シャッフル》のイラストには両者と《強欲な壺》が描かれている。
      恐らくはこのカードの続きとなるシーンであろう。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE シリーズ等では、このカードも支障なく霊使いシリーズとして扱われている。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:手札公開されている場合、相手公開されたカードを見せて効果無効にできますか?
A:いいえ、無効にはできません。(13/02/10)


Tag: 《闇霊術−「欲」》 通常罠

広告