異怪(いかい)妖精(ようせい) エルフォビア/Ghost Fairy Elfobia》

効果モンスター
星3/風属性/サイキック族/攻 900/守 500
1ターンに1度、手札の風属性モンスター1体を相手に見せて発動できる。
次の相手のメインフェイズ1終了時まで、
お互いのプレイヤーは、見せたモンスターより
レベルの高いモンスターの効果を発動できない。

 EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−で登場した風属性サイキック族下級モンスター
 手札風属性モンスターを見せることで、モンスター効果の発動を封じる起動効果を持つ。

 強力な効果を持つモンスターレベル4以上が多く、手札墓地発動する効果も封じられる。
 レベル3以下のモンスターを見せれば、ほとんどのリクルーターなどの効果を防ぐことができる。
 性質上、【ガスタ】等の低レベル風属性モンスターを多用するデッキでなら強力な拘束力を持つことになる。
 しかし、相手メインフェイズ1に効果が切れてしまい、バトルフェイズメインフェイズ2で効果を使われてしまう。
 一応、バトルフェイズあるいはメインフェイズをスキップする効果を組み合わせればそれらで効果を使われるのは防ぐことはできるが、あまり現実味はない。
 このカード自体はかなりの低ステータスなので、シンクロ召喚エクシーズ召喚等と組み合わせて1回限りの使い切りと考えた方がいい。
 複数回使いたいのならバトルフェイズを封じ、結果的にメインフェイズ2を封じる《覇者の一括》が相性が良い。

 また、モンスター効果以外の方法での展開を抑止できず、攻撃抑止になるかは状況に左右される。
 レベルを持たないエクシーズモンスター効果も防げない。
 当然【ローレベル】相手だと拘束力は低く、公開したモンスターレベルより高いレベルとあるため、レベル1のモンスター効果はどうしても通すことになってしまう。
 起動効果なので多少融通は利くが、自分モンスター効果発動できなくなる点には注意が必要。
 効果モンスター対策のメタモンスターとしては、どんなモンスターにも対応できアタッカーにもなる《死霊騎士デスカリバー・ナイト》などに劣る点が多い。
 こちらを採用する場合は属性種族シナジーを重視した上になるだろう。

  • 名前の由来は「エルフ」+「フォビア(恐怖症)」か。
  • 「異界」ではなく「異怪」である。
    《マインドクラッシュ》等で宣言する場合は問題ないが、検索する時には注意する必要がある。
  • 海外版のイラストでは赤いタイツを着用している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:見せたモンスター効果解決時手札に存在しない場合はどうなりますか?
A:その場合でも、このカード効果適用され、発動時に見せたモンスターレベルより高いモンスター効果発動できません。(13/05/18)

Q:発動時に見せたモンスターレベル効果解決時《レベル変換実験室》効果で変化した場合、参照するレベルはどうなりますか?
A:その場合でも、発動時に見せた時点でのレベルを参照します。(13/05/24)

Q:《タイム・イーター》効果相手メインフェイズ1をスキップしました。
  相手バトルフェイズに「見せたモンスターよりレベルの高いモンスター効果」を発動できないままですか?
A:いいえ、相手はそのバトルフェイズに「見せたモンスターよりレベルの高いモンスター効果」を発動できます。(13/05/26)

Q:このカード効果レベル9より高いモンスター効果発動できない時に《毒蛇神ヴェノミナーガ》ハイパーヴェノムカウンターを乗せる誘発効果発動しますか?
A:はい、その場合でも発動します。(15/04/09)


Tag: 《異怪の妖精 エルフォビア》 効果モンスター モンスター 星3 風属性 サイキック族 攻900 守500

広告