異界(いかい)棘紫竜(きょくしりゅう)/Interplanetarypurplythorny Dragon》

効果モンスター
星5/闇属性/ドラゴン族/攻2200/守1100
自分フィールド上のモンスターが
戦闘またはカードの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、
このカードを手札から特殊召喚できる。

 EXTRA PACK 2012で登場した闇属性ドラゴン族上級モンスター
 自分フィールド上のモンスター破壊された事をトリガー手札から特殊召喚できる手札誘発誘発効果を持つ。

 召喚条件は緩く、破壊後に別の処理があるカードチェーン2以降の破壊であろうとタイミングを逃さない。
 ステータス上級モンスターとしては心許ないが、表示形式に指定はなく、相手ターンでは最低限のとして機能する。
 またはリクルーター自爆特攻と併せて、自ターンシンクロ素材エクシーズ素材を揃えるのも良い。
 《ブラック・ホール》《激流葬》等で自らモンスター破壊するカードと併用するのも有効である。

 《デーモン・イーター》とは相性が良く、あちらの自己再生条件をトリガー特殊召喚でき、そのまま《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》に繋げられる。
 戦闘破壊時限定ではあるが《異界の棘紫獣》でも同様にフィールドに並べられ、この場合は更にランク5のエクシーズ召喚も選択できる。
 【TG】等の継続的にサーチが行えるデッキや、自壊を戦術に組み込む【インティ&クイラ】シンクロ素材としても使いやすい。

 闇属性ドラゴン族なので対応するサポートカードは豊富に存在する。
 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》蘇生でき、《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》《ダークエンド・ドラゴン》シンクロ素材にもなる。
 手札に戻せる《巨竜の羽ばたき》も相性が良く、《魔のデッキ破壊ウイルス》コストとしても比較的扱いやすい。
 これらと合わせて小回りがきくレベル5のモンスターとして活用していきたい。

  • 元々は、海外版Order of Chaosで追加された10種の海外新規カードの内の1枚である。
    英語名に異様に長い単語が含まれているが、これは「Interplanetary」・「Purply」・「Thorny」の3つの形容詞を繋げた、一種の言葉遊びである。
    順に「惑星間の」・「紫がかった」・「トゲの多い」を意味する。
  • 日本語名は短いが、ほとんど同じ意味を持っていることがわかる。
    字自体が意味を内包している表意文字を使用する言語ならではだろう。
    日本語名が短く、そのまま訳した英語名が長い例には、他にも《砦を守る翼竜》などに見ることができる。

関連カード

―自身以外の自分モンスター破壊された場合に自身を特殊召喚できるモンスター
 ※は破壊され墓地へ送られる必要あり

―その他の類似効果

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発効果です。(12/10/17)

Q:ダメージステップ中に自分フィールド上のモンスターカードの効果破壊され墓地へ送られた場合でも、特殊召喚する効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/10/13)

Q:自分フィールド上のモンスター破壊され墓地へ送られた場合、《異界の棘紫竜》を手札から複数体特殊召喚できますか?
A:いいえ、特殊召喚できるのは1体のみなります。(12/10/13)

Q:破壊の後に別の処理が入るカードの効果によって破壊された場合、タイミングを逃し発動できませんか?
A:いいえ、逃す事無く発動できます。(12/10/22)

Q:フィールド上の《異界の紫棘竜》を《ジェネレーション・チェンジ》効果破壊してデッキから他の《異界の紫棘竜》を手札に加えました。その場合、効果処理終了後にその手札に加えた《異界の紫棘竜》は手札から特殊召喚する効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/02/07)


Tag: 《異界の棘紫竜》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 ドラゴン族 攻2200 守1100

広告